マップで到着予定時刻を友人と共有する方法【iOS13】

投稿日:

by maruuo

iOS13からはマップアプリで到着予定時刻を連絡先の友人と共有することができます。

この機能の最大の利点は到着予定時刻が自動的に更新されるというとこです。

これにより待ち合わせ場所に向けて移動する時に友人がどこにいるのか、いつ頃着くのか一発で分かるようになりますよ。

9to5macがいち早くiOS13を試しているので紹介いたします。

マップで到着予定時刻を友人と共有する方法

マップアプリの「車」タブで「出発」を押すことで到着予定時刻の共有の項目が表示されます。

ここで「到着時刻の共有(Share ETA)」を選択し、宛先を設定しましょう。

到着時刻を共有すると、共有相手がマップアプリを開くことで、このような表示で自分の位置と到着予定時刻が表示されます。

友人との旅行やデートの待ち合わせに使えそうですね。

到着予定時刻を自動的に共有する設定も

例えば自宅に帰る際に、パートナーに向けて到着時間を自動的に知らせることも可能です。

  1. マップアプリで場所(自宅)を選択し、(i)ボタンをタップします。
  2. 「到着時刻の共有(Share ETA)」を選択。
  3. 宛先を追加。(二つ以上も指定可能)

そうすることで、マップアプリを起動して選択した場所(自宅)を設定する度に自動的に宛先に向けて到着予定時刻を伝えることができます。

まとめ

実はこの到着予定時刻の共有は相手がiOS13でなくても、Androidユーザーであっても可能です。

マップアプリは自動的にテキストメッセージを定期送信し、いつごろその場所に着くのが知らせることができるという訳です。

かなり便利なこの機能、早く使ってみたいですね!

iOS13の関連記事

iOS13:iCloud Driveのフォルダを誰かと共有する方法

【iOS13】ページ全体をフルスクリーンショットを撮る方法 タップ一つで可能に

iOS13 位置情報を追跡するアプリの地図情報が表示されるように

iOS13の「最適化されたバッテリー充電」って何?

【iOS13】コントロールセンターでWI-FIとBluetoothの接続先が変更可能になるぞ

【iOS13】モバイルデータ通信時のアプリのダウンロード容量が”無制限”に

iOS13版の音量調整の表示はこう変わる!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事