iOS13の「最適化されたバッテリー充電」って何?

投稿日:

by Amamin

iOS13からは「最適化されたバッテリー充電(optimized battery charging)」という設定が使えるようになります。

今回はこの機能について解説をいたします。

最適化されたバッテリー充電(optimized battery charging)」とは

「最適化されたバッテリー充電」とは一言で言うとiPhoneのバッテリー寿命を伸ばすためのオプションです。

ではどのようにそれをするのかと言うと「iPhoneが100%充電されている状態を減らす」ことによってバッテリー寿命を伸ばします。

バッテリーは100%状態が続くと劣化しやすくなる

通常Telslaのような電気自動車は長距離移動する予定がなければ、100%充電せずに80%程度の充電にしておくことが望ましいとされています。

100%フルで充電してしまうと、バッテリーの劣化が進みやすくなってしまうからです。

具体的には「100%充電すること」と「100%充電された状態が長時間続くこと」でバッテリーが劣化しやすくなってしまいます。

iPhoneのバッテリー充電は自動的に最適化される

もちろんこれはiPhoneのバッテリーでも同様です。

しかしながらiPhoneは毎日長時間持ち歩くため、100%充電しなければ一日の途中でバッテリーを使い果たしてしまうことにもなりかねません。

そこでバッテリーを100%充電するものの、100%充電状態にする時間を減らすことでiPhoneのバッテリー寿命を伸ばそうという訳です。

「最適化されたバッテリー充電」をオンにしておくと80%までは通常通り充電し、残りの20%はiPhoneはユーザーの充電サイクルを学習し、ユーザーがiPhoneを使い始める前に充電を終えることになります。

例えば寝る前にiPhoneを充電する人は起床時間に合わせてiPhoneが100%充電されます。

注意点

「最適化されたバッテリー充電」はiPhoneの充電時間が不規則な人には合わない設定かもしれません。

例えば、急用が入っていつもより2時間早く起きる必要がある場合には、残りの20%が充電されず、iPhoneが80%までしか充電されていない状態になっている可能性があります。

したがって、この機能は規則正しい生活を送っている人向けの機能と言えます。

最適化されたバッテリー充電の設定について

iOS13のベータ版ではこの機能はデフォルトでONになっています。

今秋以降iOS13が正式にリリースされたら下記の場所でONとOFFに設定することができます。

  1. iPhoneの設定
  2. バッテリー
  3. バッテリーの状態
  4. 「最適化されたバッテリー充電(optimized battery charging)」をON/OFF

この機能は必要でない方にとっては、少々不都合かもしれません。

さすがにiOS13の正式版ではデフォルトでONにはならないと思いますが、念のため覚えておきましょうね。

iOS13に関する確定情報はこちら

「Sign in with Apple」を徹底解説 Face IDやTouch IDでログインできるように

【iOS13】コントロールセンターでWI-FIとBluetoothの接続先が変更可能になるぞ

3分で読める2019年WWDC基調講演まとめ

iPad OSではUSBマウスが使えるようになる

iOS13版の音量調整の表示はこう変わる!

iTunesは廃止されるもWindows版は存続する

iOS13はiPhone SEをサポート!iPhone6/Plusはサポート外に

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事