iOS 13の「ジェスチャー」を解説 コピー、カット、ペースト、取消、元に戻す

投稿日:

by メカ村

iOS13の新機能「ジェスチャー」ですが…知らないと使うのが難しい仕組みになっています。

このページを保存してぜひ度々読み返してジェスチャーをマスターしてください。

iOS13の「ジェスチャー」とは

iOS 13と新たに公開されるiPad OSでは、新たに3本指によるテキスト用ジェスチャーが追加される事が明らかになりました。

今まではテキスト入力ではジェスチャー操作はほぼ実装されておらず、1つ前の状態に戻す「取り消す」が端末を振ることによって実行できるのみでした。

この振る事によって「取り消す」を行うのはiPhoneだと簡単ですが、iPadだと大変というか危ないというか、かなり使いにくいものと言えるでしょう。

それを解消するために新しいジェスチャーを追加したようで、追加された機能は下記の6つです。

ジェスチャーの一覧

項目 ジェスチャー
コピー 3本指でピンチ(外側から内側へ指を集める動き)
カット 3本指でダブルピンチ(連続2回ピンチ)
ペースト 3本指でピンチアウト(内側から外側へ指を広げる動き)
取り消し 3本指で左にスワイプ
元に戻す 3本指で右にスワイプ
メニュー呼出 3本指シングルタップ

 

すべて3本指のジェスチャーなのですが、コピーはピンチ(外側から内側へ指を集める動き)、カットはダブルピンチ(連続2回ピンチ)、ペーストはピンチアウト(内側から外側へ指を広げる動き)で行うことができます。

同様に、取り消しは左にスワイプ、元に戻すは右にスワイプ、メニュー呼出は3本指シングルタップとなっているのですが…現状2本指ジェスチャーが用意されていないのになぜ3本指ジェスチャーにしたのか疑問が残りますね。

ちなみに青枠のように、動作時は画面上部に何をしたのか表示されるようになっており、ちゃんとジェスチャーが成功しているか、目的のジェスチャーであったかを確認できるようになっています。

まとめ

正直いくらか使い勝手が悪そうに見えるんですが、慣れれば今以上にiPhoneが使いやすくなるのかもしれません。

どのジェスチャーがどの効果なのか覚えるまでしばらく迷ってしまうような気がします。

iOS13の関連記事

【iOS13】ページ全体をフルスクリーンショットを撮る方法 タップ一つで可能に

iOS13 位置情報を追跡するアプリの地図情報が表示されるように

iOS13の「最適化されたバッテリー充電」って何?

【iOS13】コントロールセンターでWI-FIとBluetoothの接続先が変更可能になるぞ

【iOS13】モバイルデータ通信時のアプリのダウンロード容量が”無制限”に

iOS13版の音量調整の表示はこう変わる!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:9TO5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事