レンズは1つで十分?未だにGoogle Pixelがシングルレンズで勝負できる理由

投稿日:

by メカ村

今やスマホのカメラに2つ以上のレンズが搭載されているのが当たり前になってきていますが、ハイエンドシリーズの1つでもあるGoogle Pixelシリーズは未だシングルレンズを貫いていますよね。

だからといって多レンズ機種にカメラ性能が劣るワケでもなく、むしろ最新機種に肉薄する性能を発揮しているのですが、どうしてGoogleはシングルカメラでこれだけのカメラ性能を発揮する事ができるのでしょうか?

「Pixel 3」iPhone XSより綺麗に撮れるをアピール

Pixelがさらなる進化を遂げる…「Night Sight Mode 」で夜間撮影が猛烈に捗る模様

ソフトウェアと特許の恩恵

Google Pixel 3は2018年10月9日にGoogleスマホのフラグシップモデルとしてリリースされ、Android提供元である事もあってハードウェアとOSの親和性が非常に高く、AndroidでiPhoneのような使いやすさを実現しています。

しかし昨年後期のリリースでありながら、すでに主流となっているデュアルレンズカメラなどの多レンズシステムを採用でず、初期から一貫してシングルカメラを維持していますね。

前置きとしてそもそもなぜスマホがデュアルレンズを採用し始めたか、という話なのですが、これにはスマホの薄さが原因で実現しにくい光学ズームの再現が影響しています。

デジタルズームが良くなってきているとはいえ粗が目立つ写真になってしまいますから、始めから望遠仕様になっている2つ目のレンズを搭載して実質的な光学ズームを実現し、その副産物としてポートレートモードが追加された、というのが背景にあります。

ではGoogle Pixel 3のズーム精度やポートレートモードはどうなのでしょうか?

当然シングルカメラなので光学ズームは搭載していないのですが、Googleの持つ武器の1つに長年培ってきたAI技術があり、これを最大限利用してAI処理と機械学習によってかなり綺麗な最大5倍ズーム撮影を可能にしています。

またスマホカメラに関するGoogleのAIと機械学習の特許では、シングルカメラで被写体との深度を推定する事を可能としており、デュアルカメラ機の特権とも言えたポートレートモードで同等かそれ以上の効果を発揮しました。

高度な技術力と長年積み重ねてきたAIと機械学習の経験と実績によって、Googleは他社のハイエンドデュアルレンズスマホに肉薄するほどのカメラ性能を再現したワケですね。

他にも夜景などを綺麗に映し出す夜間モードを搭載しており、デュアルレンズに引けを取るどころか追い越さんとする姿勢に、ソフトウェア会社としての維持のようなものを感じさせますね。

まとめ

こうなってくるとiPhoneなどハイエンド機のデュアルレンズがお飾りというか、ただただ端末の価格を引き上げているようにも思えてきてしまいますね…。

Appleもソフトウェアでデュアルレンズ並みの写真撮影を可能にして端末価格を引き下げて欲しいところなんですが、噂によると次期iPhoneはトリプルカメラっぽいんですよね。

次期iPhoneは大体こんな感じ? リーク情報を元にレンダリング画像を作成

次期iPhoneのトリプルカメラの配置には意味がある

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:patentlyapple

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事