誰でもあのマトリックスのような動画が撮れる!?革命的な360°カメラ「Insta360 ONE」がすごすぎる

投稿日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

以前かみあぷでは新たなカメラの流れとしてGoProをご紹介しましたが、もう1つ360°全天球カメラも少し前から注目されだしていますよね。

そんな360°カメラですが、とんでもなく革新的な製品が出たのでご紹介いたします。

このカメラただの360°撮影だけでなく、あの映画「マトリックス」のバレットタイムのような撮影が誰でも簡単にできちゃうんですよ!

とある方法で誰でも簡単に360°全方向からの撮影が可能

360°動画と言えばVRヘッドセットで閲覧可能なものをかみあぷで紹介したこともありますし、

Youtubeでもアプリを使えばヘッドセットなしにiPhoneを動かすことで360°見られる動画も増えてきましたよね。

例えばこんな動画(アプリから再生すると360°視点を変えられます)


こういう動画を撮るには360°全天球カメラが必要で、有名なところではRICOHのTHETAが比較的買いやすい価格で販売されているので、ご存じの方も多いハズ。

今日はそんな360°カメラをご紹介したいんですが、それがこちらの「Insta360 ONE」。

このカメラ何がすごいって、百聞は一見にしかずということでとにかくこちらの動画をご覧下さい。動画は30秒くらいなのでさくっと見終わります。


どうですか?これあの映画「マトリックス」で話題になったバレットタイムを思い出しませんか?

Photo by Youtube

あのマトリックスでは360°全方向に設置したカメラで撮影した画像を合成して作られたあの回り込むような映像がなんと「Insta360 ONE」で再現できちゃうんですよ。

それが見て頂いた動画になるんですが、これ実はこの「Insta360 ONE」に紐をつけて頭上をぐるぐる回してスローモーションで撮影した動画なんです。

うまく伝わるか分からないのですが、鎖がまを頭上で振り回しているイメージでその先端にカメラをつけているといったら分かるでしょうか。

これ元々は360°動画なんですが、この「Insta360 ONE」は強力な手ぶれ補正と専用アプリで自動的に自分を中心として回転するこんな動画作成が可能。

いやーもう次世代の360°カメラと言っても過言ではないでしょう。

もちろんこの「Insta360 ONE」、普通の360°撮影も可能なのですが、さらにすごいのが動く被写体を自動的に追いかける機能も搭載。

通常はiPhoneに接続してこんな感じで撮影するのですが、Bluetooth接続により先ほどのようなバレットタイム説明も出来るが売り。

さて気になるのは価格なのですが、42,999円で9月1日に発売予定となっております。

もちろん少し変わった動画が撮れるというだけでなく基本スペックも充実しており、2400万画素のカメラに4k動画の撮影も可能とそれなりの値段がするだけはあります。

普段使いでの使い道が思い浮かばないので誰にでもオススメできるカメラではありませんが、こういう技術の進歩による新たな動画表現が可能になるのは面白いですよね。

360°動画はまだまだ再生側の環境の問題もあり、一般的なレベルにはなっていませんがこういう多機能カメラが比較的低価格で出てくるとそのうち、スタンダードの1つになる日もととおくないかもしれません。

なかなか文字ですごさをお伝えしずらい「insta360 One」ぜひ公式ページの動画もご覧下さい。
Insta360 One – 360°カメラの最先端である Insta360

Amazonでは現在予約を受付中です。

Insta360 ONE
デジタルカメラ
¥42,999(送料別)

関連記事