【iPhone 8】廃止の可能性も!情報錯綜のTouch ID、浮上している4つの説を解説

投稿日:

by yumi

こんばんは、yumiです。

これまでリークされまくってきたAppleが怒って、わざと偽情報を流してるんじゃ…?なんて疑いたくなるほど、次期iPhoneプレミアムモデル(通称:iPhone 8)の実態はいまだに分かっていません。

中でも特に情報が錯綜しているのがTouch IDの有無と搭載場所。

ということで本記事では、現在噂されているTouch IDについて4つの説をまとめてみたいと思います!みなさんはどれが一番有力だと思いますか?

錯綜するTouch IDの情報

iPhone 8のTouch IDについては、現在まで以下の4つの説が出てきています。

  1. ディスプレイ埋込み型
  2. 背面のAppleマーク、もしくはその下に搭載
  3. 電源ボタンに搭載
  4. Touch IDそのものが廃止される

ということで1つずつ最新の情報を見てみましょう。

1. ディスプレイ埋込み型

おそらく多くのユーザーが望んでいるのがこのタイプだと考えられます。

iPhone 8は「全面ディスプレイ」と言われるベゼルが狭いデザインになるのがほぼ間違いないと見られており、Touch IDはそのディスプレイの下に埋め込まれるのでは…ということですね。

iPhone 8と思われる端末 Photo by BGR

ディスプレイ埋込み型指紋センサーについては、Qualcommが中国のスマホブランド「vivo」に搭載し、先月開催されたモバイル産業見本市でデモ端末が公開されました。

しかしそのデモ端末を試した人は「認識速度が遅い」「認識エリアが狭い」という感想を述べており…Appleがこのデメリットを解消したTouch IDを作れるのかどうかは不明。

vivoのディスプレイ埋込み型指紋センサー

「技術面で難しい」「ボトルネックになっている」と言われているのが、ディスプレイ埋込み型Touch IDの現時点で最新の情報となっています。

2. 背面のAppleマーク、もしくはその下に搭載

iPhoneの背面にあるAppleマークがTouch IDの機能を持つようになる、もしくはそのAppleマークの下部分に搭載される、という説もディスプレイ埋込み型とともに可能性が高いと見られています。

この説は4月にAppleのサプライヤーであるFoxconnから流出した図面がキッカケで、

最近はiPhone 8のリーク情報でお馴染みのBenjamin Geskin氏が「輸送会社からのリーク」として写真と情報を公開

輸送会社関係者は、

  • 背面にTouch IDが搭載されているiPhoneが1日あたり数パレットという単位で多く運び込まれてくる
  • これらはアジアのAppleのサプライヤーからAppleに送られている

と述べており、こちらも確度が高い気がしますよね…。

ただしこの背面の指紋センサーはGalaxy S8が先に採用していること、さらにユーザーからの評判があまり良くないことを考えると、Appleが採用する可能性は低く思えます。

3. 電源ボタンに搭載

Appleは2015年に「電源ボタンへのTouch ID搭載」について特許を出願し、先日取得に至りました。

これまでは「特許を取得しただけだし、実現するかは不明」というのが大方の予想でしたが、つい先日「過去にiPad Proに関する正確なリーク情報を公開した」という”実績”のある人物が「Touch IDは電源ボタンに搭載」と発言。

情報元が明かされていないので怪しいところではありますが、以前流出した図面から作られたモックアップを見てみると電源ボタンが従来のものより大きくなってる(SIMトレイと同じぐらいの大きさ)んですよね。

スリープとスリープの解除をするだけなら今まで通りの大きさで問題ないと思いますが、指紋センサーを搭載するから大きくなった…ということなのでしょうか?

ちなみにこの電源ボタンに指紋センサーを内蔵というのは、ソニーのXperiaで採用されています。

個人的には背面よりは良いかな…と思いますが、みなさんはどうですか?

4. Touch IDそのものが廃止される

最後は「Touch IDそのものが廃止される説」。

今月上旬にKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が唱えているのですが、どうやら廃止の原因は「ディスプレイに埋め込めなかったから」とのこと。

そしてTouch ID廃止の代わりに3D顔認証と虹彩認証が搭載されるのだとか。

Photo via VisualHunt

ただしTouch IDはiPhoneのロック解除だけでなくApple Payでも利用されています。

そしてApple PayはTouch IDの技術の高さに基いて銀行などでも使えるようになっており…果たしてApple Payに協力している企業や銀行が「顔認証+虹彩認証」を認めるのか疑問。

現にすでに顔認証が採用されているGalaxy S8写真でも突破できるというものですし、Appleは少なくとも技術の安全性を協力企業に説明しないといけなくなるでしょう。

となるとApple Payの普及にストップがかけられる可能性も出てくるため、こちらの可能性も低く思えます。

ということで

以上、Touch IDについて4つの説をご紹介しました。

個人的には「ディスプレイ埋込み型」もしくは「電源ボタンへの搭載」どちらかの可能性が高いように感じますが、みなさんはどう思いますか?

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事