iPhone14衝突事故検出が機能しない?4台の自動車での実験動画が話題

投稿日:

by kenji

Luke Miani/YouTube

AppleはiPhone14シリーズに、新機能として衝突事故検出を搭載。

実際にYoutuberが4台の自動車で衝突実験をした動画を公開し、話題になっています。

iPhone14衝突事故検出が機能しない4台の自動車での実験動画

衝突事故検出機能は、iPhone14シリーズの全モデル、Apple Watch8、Apple Watch SE2、Apple Watch Ultraに搭載された新機能で、自動車事故が発生した場合、デバイスが検出し緊急サービスと緊急連絡先に通知する機能です。

9to5Macによると、iPhone14 Proで衝突事故検出がきちんと機能するか、4台の自動車と3台のiPhone14 Proでの実験動画を公開したのは、YouTubeチャンネル「Luke Miani」。

「Luke Miani」は、4台の異なる車種の自動車で衝突検出を複数回テスト。

自動車の前部、側面、後部への衝突のテスト、最後にAppleのプロモーションビデオのような深刻な横転事故を再現。

実験の結果、クラッシュの重大度に関係なく、iPhone14 Proで衝突事故検出機能は一度も作動しませんでした。

9to5Macは、衝突事故検出の結果がさまざまな理由で異なる可能性があることを示しており、事故にあった場合に備えて複数のセーフティネットを用意しておく方が良いと伝えています。

iPhone14シリーズのeSIMを有効にする方法!Appleが動画で解説

参考:9to5Mac 写真:Luke Miani/YouTube

関連記事