アメリカ陸軍「Androidは不安定でフリーズするからダメ」⇛支給端末をiPhoneに変更へ

投稿日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

初期のAndoridというと動作が不安定で、バッテリー消耗が激しいという印象があったのですが、最近はそういう話も減りましたよね。

そんなAndroid端末ですが、アメリカ陸軍の特殊作戦部隊はある理由で使っていたAndroidをiPhoneに切り替えることにしたそうです。

なぜiPhoneに切り替えることになったのか?その理由をご紹介します。

Android端末の故障率はiPhoneの2倍という調査結果も

9to5Macの記事によると、特殊作戦全般を統轄する組織であるアメリカ陸軍特殊作戦コマンドがAndoridからiPhoneに切り替える決定をしたと伝えています。

匿名の情報源によるとこの組織が使っていたAndroidは、Samsungの「Samsung Galaxy Note」でこれをカスタマイズした使っていたのこと。

問題は軍専用アプリで分割画面表示にて、ルートと情報を表示する際に最新情報に更新されなかったりフリーズしたりして、時には再起動しなければいけなかったそうです。

これに対しiPhoneは早くてスムーズであり、画面がきれいで信じられないとコメント。

これだけだといかにもなAndorid批判になってしまうのでフォローすると、記事によれば動作が不安定と言われる「Samsung Galaxy Note」は2011年発売なのに対し、早いと言っているiPhoneは6sで2015年発売。そりゃこれで比較するのは酷というものです。

ただそんな端末が古いという理由だけで軍が採用している端末をAndroidからiPhoneに切り替えるとは思えず、他にも理由があると思い調べてみると興味深い調査結果が見つかりました。

Blancco Technology Groupという会社が今年5月に発表したAndroidとiPhoneに関するレポートによると、Androidの故障率は44%にも登るそうです。

Photo by blancco.com6

さらにその故障をメーカー別にみると、そのうち43%がSamSungという結果に。

Photo by blancco.com6

これに対してiPhoneの故障率は25%という結果でした。

Photo by blancco.com6

出荷台数やシェアなどにも違いがあり単純に比較はできませんが、この結果からすればAndroid端末はiPhoneに比べ約1.8倍も故障しやすいということになります。

もしかしたら単純にソフトウェアの動作だけでなく、この故障率も実際の端末選定に影響をしていたと考えたほうが妥当かもしれません。

それにしても防水でもないiPhoneが軍の特殊作戦組織で使われて大丈夫なのかな?なんて思ってしまうのですが、防水ケースとか付けたりしているのかその辺が気になりますね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:9to5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事