最新のAndroid13搭載率は5.2%!iOS16の70%超と比べて話題

投稿日:

by saki

Google

AppleがiOS16を2022年9月にリリースしてから4か月が過ぎ、iPhoneのiOS16搭載率が70%超になりましたが、最新のAndroid13搭載率についてレポートがあり、話題になっています。

最新のAndroid13搭載率は5.2%

Cult of Macによると、9to5Googleは、最新のAndroid13の搭載率についてレポート。

9to5Googleによると、Googleの最新の公式Android配布数でAndroid13は、2022年8月のリリース後5か月で、すべてのAndroidデバイスの5.2%に搭載され、Android12と12LはAndroidデバイスの18.9%に搭載されているとのことです。

AppleのiOS16はiPhone8以降の全モデルがサポートの対象で、同時にアップデートが可能ですが、Androidデバイスは全モデルがソフトウェアアップデートの対象というわけではないことが、最新のAndroid13の搭載率が低い原因ではないかとのことです。

Samsungは2022年2 月に、ハイエンドスマートフォン向けに4世代のAndroid OSアップデートを導入することを約束しましたが、ミッドレンジやローレンジのAndroidデバイスユーザーはアップデートを提供されていません。

Googleはオペレーティングシステムを作成していますが、サードパーティの携帯電話メーカー向けのアップデートをリリースすることはできず、携帯電話メーカーは独自にアップデートを行わなければなりませんが、アップデートを提供するかどうかは携帯電話メーカーの判断によります。

そのため、ほとんどのAndroidデバイスのユーザーは、OSアップデートにアクセスできていないとのことです。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:Cult of Mac 写真: Google

関連記事