iOS16 Safariでバーチャルカードのサポートを追加!オンラインショッピングでのセキュリティ対策

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは開発者向けのiOS16ベータ3をリリースしましたが、WWDC2022で発表されていないSafariでのバーチャルカードのサポート機能が見つかり、話題になっています。

iOS16 Safariでバーチャルカードのサポートを追加

9to5Macによる開発者向けiOS16ベータ3のコード分析によると、Appleは、オンラインショッピング時のセキュリティを向上させるために、Safariでバーチャルカードのサポート機能を追加するとのことです。

バーチャルカードは、プラスチックのカードを発行することなく、カード番号や有効期限など決済に必要な情報のみを使用する仮想カードです。

Apple Payは取引時に独自の取引コードを提供していますが、iOS16ベータ3で追加されたのは、Apple Payが受け入れられていないWebサイトでのオンラインショッピング時のバーチャルカードのサポートです。

現在Safariは、Apple PayをサポートしていないWebサイトでオンラインショッピングをするときに、クレジットカードとデビットカードの自動入力機能を提供しています。

開発者向けiOS16ベータ3のコード分析からは、Safariの自動入力機能がApple Pay互換のクレジットカードとデビットカードを探すようになることも示しており、カードが検出されると、Safariは自動的にユーザーにウォレットアプリに追加するように提案するとのことです。

iOS16パブリックベータ版は今月リリースされますが、公式リリースは今秋に予定されています。

Apple iOS16開発者向けベータ3リリース!バグ修正や新機能の追加など

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事