2024年発売iPad Proと2026年発売MacBook ProにOLEDディスプレイ搭載?サプライチェーンレポート

投稿日:

by kenji

Apple

現在Appleは、iPhoneとApple Watchで有機発光ダイオード(OLED)ディスプレイを搭載していますが、搭載するデバイスを拡大する計画についてたびたび噂されてきました。

サプライチェーンサイドからの情報で、Appleは、iPadとMacBookにOLEDディスプレイパネルを搭載する計画であると伝えられ、話題になっています。

2024年発売iPad Proと2026年発売MacBook ProにOLEDディスプレイ搭載?

Korea IT Newsによると、Appleは、韓国のディスプレイ会社にiPad用の2種類のOLEDパネルとMacBook用の2種類のOLEDパネルの開発を要請したとのことです。

具体的なパネルの種類は、iPadは10.86インチと12.9インチ、MacBookでは14インチと16インチで、10.86インチと12.9インチのディスプレイは現行のiPad Proと同等のサイズで、14インチと16インチのディスプレイも現行のMacBook Proのディスプレイサイズと同じとのことです。

韓国のディスプレイ会社と関連部品・材料会社は、公式プロジェクトの開始とともにパネルの開発を開始し、事情に詳しい関係者は「10インチから16インチまで様々なパネルを開発中」と伝えているとのことです。

具体的に開発を依頼された企業について記載はありませんが、将来的に、Samsung DisplayとLG Displayが、iPadで使用されるOLEDディスプレイパネルを供給する可能性が高いとのことです。

Display Supply Chain ConsultantsのCEOでディスプレイアナリストのロス・ヤング氏は、2024年バージョンのMacBook AirとiPad Proが、OLEDディスプレイを搭載するAppleの最初のラップトップとタブレットになるとレポートしています。

また、以前ヤング氏は、Appleが、2024年第1四半期に発売される11.1インチと13インチのOLEDディスプレイ搭載iPad Proを開発中であることをレポートし、ディスプレイが大型化される可能性があります。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

写真:Apple

関連記事