Appleは2025年までに生産移管!iPhoneの25%をインド、iPadとApple Watchの20%をベトナムへ

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは地政学的リスクの影響を小さくするため、現在中国で製造されているiPhone、iPad、Apple Watchなどのデバイスの生産の一部をインドやベトナムへ移管する計画とのことです。

Appleは2025年までにiPhone、iPad、Apple Watchなどの生産をインドなどへ移管

TechCrunchによると、JPモルガンのアナリストは、Appleが中国への依存を減らすため、インドとベトナムを主要なグローバル製造ハブにする準備をしているとレポート。

JPモルガンのアナリストによると、Appleは、2022年後半までに全世界のiPhone14の生産の5%をインドに移管、インドでの製造能力を拡大して2025年までに全iPhoneの25%を生産する計画とのことです。

また、Appleはベトナムへの生産移管をすすめ、2025年までにiPadとApple Watchの全生産量の20%、MacBookの5%、AirPodsの65%をベトナムで生産すると予測されているとのことです。

9to5Macは、貿易戦争とCOVID-19のロックダウンの両方によって中国での生産が中断され、今後中国の軍事行動も予想されるため、Appleは生産の多様化の取り組みを加速させていると伝えています。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

参考:TechCrunch9to5Mac 写真:Apple

関連記事