iPhone15シリーズ初期の試作段階開始!大量生産のプロセス確認

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは今年2023年9月にiPhone15シリーズを発売すると予想されていますが、iPhone15シリーズで初期の試作段階(NPI)が開始されたとのレポートがありました。大量生産にむけてプロセスが確認されるとのことです。

iPhone15生産で初期の試作段階開始

Economic Daily Newsによると、Appleは、iPhoneの最大のアセンブラーFoxconnと、最初の試作段階である生産導入(NPI)を開始したとのことです。

少数のiPhone15モデルはすでに手作業で試作されていますが、生産導入(NPI)では、大量生産時に使用するプロセスと機器を使用して組み立てられます。

生産導入(NPI)では、データの収集、異常の修正、製造プロセスの評価、改善すべき項目の評価、試作製品の良否の評価を行い、組立てプロセスに含まれる工程が期待どおりに機能することを確認し、大量生産が開始されたときに問題を引き起こす可能性のあるものを特定します。

Economic Daily Newsによると、iPhone15の生産導入(NPI)は、主に中国本土とインドでのiPhoneの量産時間の差が縮小するため、前年とは少し異なるとのことです。

以前は、中国とインドでの大量生産時間は約6~9か月の間隔がありました。昨年2022年は2ヶ月に短縮され、今年2023年は数週間に短縮されると伝えられています。

Appleの記事で著名なブルームバーグのマーク・ガーマン氏によると、iPhone15シリーズはiPhone14シリーズと同じ4つの画面サイズで提供され、iPhone15、iPhone15 Plus、iPhone15 Pro、iPhone15 ProMax(Ultra)の4モデルが想定されています

iPhone15 Proモデルのステンレス鋼はチタンフレームに置き換えられ、触覚ボリュームボタンがあり、USB-Cポートとより高速なプロセッサに切り替わると伝えています。

iPhone15標準モデルは、 Dynamic Island、Lightningと同じ転送速度のUSB-C ポート、48MPのカメラが搭載されると予想されています。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

写真:Apple

関連記事