iPhone15とiPhone15 Plusは48MPのリアカメラを搭載?アナリスト予想

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは今年2023年9月にiPhone15シリーズを発売すると予想されていますが、技術アナリストがiPhone15とiPhone15 Plusに搭載されるカメラについて、大幅なアップグレードを予想し話題になっています。

iPhone15とiPhone15 Plusは48MPのリアカメラを搭載?

9to5Macによると、香港の投資会社Haitong International Securitiesのアナリストのジェフ・プー氏は、サプライ チェーンの情報源に基づく調査ノートで、iPhone15シリーズの最新予想をレポート。

iPhone14とiPhone14 Plusは iPhone13とほぼ同じハードウェアを搭載していますが、AppleはiPhone15ではいくつかの優れた機能強化に取り組んでいます。

現在、48メガピクセルのリアカメラはiPhone14 Proモデル専用のハードウェアですが、プー氏は、iPhone15とiPhone15 Plusの両方に、48メガピクセルのワイドレンズを備えた3層センサーが搭載されると予想しています。

ただし、標準モデルのiPhone15とiPhone15 Plusには、光学ズーム用の望遠レンズやLiDARスキャナーは搭載されないとのことです。

プー氏は、今までの他のリーク情報や噂同様、iPhone15とiPhone15 PlusにはLightningポートの代わりにUSB-Cポートが搭載され、iPhone14 Proモデルに搭載されているA16チップが搭載されると予想しています。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事