iPadOS16.1ベータ4 Stage Manager対応機種拡大!旧世代の11インチと12.9インチのiPad Proでも利用可能に

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは本日、開発者向けのiPadOS16.1ベータ4をリリース。

今までM1チップを搭載したiPad向けだったStage Managerが、旧世代の11インチと12.9インチのiPad Proでも利用できることが判明し、話題になっています。

iPadOS16.1ベータ4で旧世代の11インチと12.9インチのiPad ProもStage Manager利用可能に

engadgetによると、Appleは、iPadOS16.1ベータ4でStage Manager対応機種を拡大したとのことです。

拡大された対応機種は、11インチiPad Pro (第1世代以降) と12.9インチiPad Pro (第3世代以降) で、M1チップだけでなく、A12XチップとA12Zチップを使用する2018年と2020年モデル以降で利用できるようになります。

Appleによると、M1チップを搭載したiPad ProとiPad Air5では、画面上で一度に最大8つのライブアプリを実行することができますが、旧モデルのiPad Proでは、最大4つのライブアプリだけサポートされるとのことです。

iPadOS16.1ベータ4では、Stage Managerの外部ディスプレイサポート機能が削除されますが、M1チップを搭載したiPad向けに、2022年後半に実施されるソフトウェアアップデートで、機能が追加され利用できるようになるとのことです。

AppleがiOSアップデート後のiPhoneのバッテリー消耗が早い理由を説明

参考:engadget 写真:Apple

関連記事