Apple Studio Display不具合発生!甲高いブーンという音がうるさいと苦情

投稿日:

by kenji

Apple

AppleのStudio Displayは、2022年3月に発売されて以来、12MPのカメラの品質が標準以下であることが判明し、ハードウェアに問題を抱えていることが判明しています。

今回新たに、画面の上部または背後から甲高いブーンという音がうるさいと苦情が発生し、話題になっています。

Apple Studio Displayで甲高いブーンという音の不具合発生

MacRumorsによると、Studio Displayで画面の上部または背後から甲高いブーンという音が発生する不具合が発生しているとのことです。

TwitterRedditApple サポート コミュニティMacRumorsフォーラムで、甲高くて、非常にうるさいと苦情が寄せられているとのことです。

Twitterユーザーの@liamac5さんによると、甲高いブーンという音が発生する不具合は、3月のStudio Displayの発売直後から発生しているとのことです。

AppleサポートコミュニティメンバーのRyan Robertsさんによると、甲高いブーンという音はファンに関連したものではなく、MacBook ProまたはiPadにStudio Displayが接続されているときに発生し、どこかからの干渉を拾って増幅しているのではないかと推測しています。

あるユーザーはApple Studio Displayが電気自動車の充電器からの干渉を拾うとつたえ、MacRumorsのリーダーIndominusさんは、干渉源を自宅に設置されたLutron Casetaの調光器にまでさかのぼって追跡しました。

MacRumorsの読者uller6さんも同様の経験をし、アップルのサポートエンジニアリングと電話で数時間を過ごしても解決できず、Studio Displayは電源を介して伝播されるRFラインノイズに対して十分にシールドされていないと推測しています。

MacRumorsによると、解決策はまだ見つかっていませんが、Appleは一部のStudio Displayユーザーに発生している、電気的干渉が原因である可能性がある甲高いブーンという音の不具合について認識しているようだとのことです。

iPhoneで1番困ったトラブルはこれ!Googleで最も検索されたキーワードトップ10

参考: MacRumors 写真:Apple

関連記事