2024年後半発売予想!Apple Glassの実像と虚像を組み合わせる特許取得

投稿日:

by kenji

9to5Mac

Appleは2024年後半に拡張現実(AR)Apple Glassを発売すると予想されています。

Appleが研究開発を進めていると噂されていましたが、先週Apple Glass特許を取得したことが判明しました。

Apple Glassの実像と虚像を組み合わせる特許取得

先週2022年6月28日(日本時間6月29日)、米国特許商標庁(USPTO)は、「実像と虚像を組み合わせる方法と装置」というタイトルのAppleへ付与された特許を公開しました。

この特許は、ビデオシースルーを提供する拡張現実または複合現実のために画像を組み合わせるためのシステム、方法、およびデバイスに関するものです。

USPTO

具体的には、拡張現実体験では、仮想オブジェクトはユーザーが存在するシーンが表示され、複合現実体験では、ユーザーがいるシーン内の実際のオブジェクトの画像を含む仮想シーンが表示され、実像データと虚像データがディスプレイ上で組み合わされて表示されます。

9to5Macによると、Haitong Intl Tech ResearchのアナリストであるJeff Pu氏は、拡張現実(AR)Apple Glass発売時期について、Appleは第2世代のAR/VRヘッドセットと一緒に2024年後半に導入することをすでに計画していると伝えているとのことです。

iPhoneの画面を「横向き」で固定する方法

参考・写真:USPTO9to5Mac

関連記事