すべてのM2チップ搭載MacBook ProのSSD速度が遅いのか?256GBと512GBモデルの実験動画が話題

投稿日:

by kenji

Max Tech/YouTube

ストレージが256GBのエントリーレベルのM2チップ搭載MacBook ProのSSDは、M1チップ搭載モデルより書き込み速度が34%遅く、読み取り速度は最大50%遅いことが判明し、大きな話題になりました。

すべてのM2チップ搭載MacBook ProのSSD速度が遅いのか、256GBと512GBのストレージモデルで比較した実験動画が公開され、話題になっています。

M2チップ搭載MacBook Proの256GBと512GBモデルでのSSD速度の実験動画

M2チップ搭載MacBook Proの256GBと512GBモデルでのSSD速度の比較実験の動画を公開したのは、YouTubeチャンネル「Max Tech」。

256GBのM2チップ搭載MacBook ProのSSDは、M1チップ搭載モデルより低速であることを発見したのもMaxTechでした。

そこで、すべてのM2チップ搭載MacBook ProのSSD速度が遅いのか、256GBと512GBモデルで実験しました。

Google Chromeで10タブ開いた上で、Lightroom Classicで42MPの画像を50枚エクスポートする実験では、256GBモデルでは7分43秒かかりましたが、512GBモデルでは4分20秒でした。

512GBモデルは256GBモデルに比べると、処理速度は約80%高速であることが判明しました。

その他の実験も行って、512GBモデルは256GBモデルに比べるとSSDの処理速度が高速であることが確認されました。

MaxTechは、256GBモデルはNANDチップが1つ搭載されていますが、512GBモデルは256GBのNANDチップが2つあり、デバイスに複数のNANDチップが組み合わされている場合、並列でより高速を実現できるためだと説明しています。

エントリーレベルのM2チップ搭載MacBook Proのパフォーマンス比較動画が話題!SSDはM1モデルよりも低速?


関連記事