Apple watchOS9.1リリース!バッテリー寿命やApple Musicの改善、Matterサポートなど新機能追加とバグ修正

投稿日:

by kenji

Apple

watchOS9.1RC版がリリースされてから約1週間、AppleはすべてのユーザーにwatchOS9.1をリリースしました。

AppleがwatchOS9.1リリース

MacRumorsによると、watchOS9.1のリリースノートは、以下の通りです。

  • Apple Watch Series8、Apple Watch SE(第2世代)、Apple Watch Ultraでの心拍数とGPS測定値の頻度を下げる機能により、屋外でのウォーキング、ランニング、ハイキングのワークアウト中にバッテリー寿命が延長されました
  • Apple Musicは、Apple Watchが充電器に接続されていなくても、Wi-Fiまたはセルラーを使用してダウンロードできます
  • 新しいスマートホーム接続規格であるMatterがサポートされており、さまざまなスマートホームアクセサリをエコシステム全体で連携させることができます

このアップデートには、Apple Watch のバグ修正も含まれています

watchOS9では、再設計されたコンパスアプリ、新しい投薬追跡機能、更新されたウォッチフェイス、ワークアウトの改善、ECGアプリの新機能などが導入されました。

Apple

watchOS9.1 は、 iPhoneのApple Watchアプリを開き、「一般」> 「ソフトウェアアップデート」に移動してダウンロードします。

インストールするには、Apple Watchに少なくとも50%のバッテリー残量があり、充電器に装着されている必要があります。Wi-Fi接続されたiPhone‌‌‌‌‌‌と通信可能圏内にある必要があります。

Apple iOS16.1リリース!iCloud共有写真ライブラリなど新機能追加やバグ修正

Apple iPadOS16.1リリース!StageManager、メッセージ編集など新機能を追加

Apple macOS13リリース!Stage Managerやコラボレーション機能など新機能追加

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事