iPhone15 ProにホールディスプレイとアンダーパネルFaceIDを搭載か?Samsung Displayが開発中

投稿日:

by kenji

MacRumors

Appleは毎年9月に新型iPhoneを発売しており、今年2022年9月にiPhone14を発売すると予想されています。

Appleはすでに2023年発売予定のiPhone15の開発も進めており、サプライヤー側からの情報で、韓国のSamsung DisplayiPhone15 Proのディスプレイ用の新技術の開発を進めているもようです。

Samsung Display社がiPhone15 Pro用アンダーパネルFaceIDを開発中

韓国の情報メディアThe Elecによると、韓国のSamsung Display社がiPhone15 Proのディスプレイ用のアンダーパネルカメラ(UPC:Under Panel Camera)技術を使用したアンダーパネルFaceID技術の開発を進めているとのことです。

Appleは来年2023年に発売する上位機種のiPhone15 ProにホールディスプレイとアンダーパネルFaceIDを搭載すると噂されています。

アンダーパネルFaceIDには、カメラ機能を使用しないときはレンズ穴が見えないUPC技術が使われ、iPhoneでユーザー認識に必要なフェイスID部位が、この機能を使用しないときは通常のディスプレイのように見えるとのことです。

Samsung

すでに、Samsung Display社のUPC技術は、昨年発売されたサムスンのGalaxy Z Fold3の内部画面に使用されています。

現在Samsung Display社はカナダのOTILumionics社と協力してiPhone15 Pro用のアンダーパネルFaceIDの開発中とのことです。

The Elecによると、アンダーパネルFaceIDの開発が予定通りに完了した場合、サムスンのGalaxy Z Fold5に搭載され、続いてiPhone15 ProとiPhone15 ProMaxに搭載する計画です。

アンダーパネルFaceIDについては以前、Appleの著名なアナリストのミンチー・クオ氏とディスプレイアナリストのロス・ヤング氏が2023年の登場について言及しています。

iPhone15 Pro光学10倍ズーム対応!ペリスコープレンズ搭載か

iPhone14 Pro回路図のリーク情報が現れる!目立つカメラバンプとデュアルホール

iPhone SE3分解動画が話題に!内部設計やバッテリー詳細が明らかに

オークション「スティーブ・ジョブズレボリューション」終了!珍しい小切手が16万ドル以上

iOS15.4からiOS15.3.1へダウングレード不可に!Appleが署名停止

参考:The Elec via MacRumors 写真:MacRumors

関連記事