macOSを攻撃するGimmickマルウェア発見!専門家が早めのアップデートを呼びかけ

投稿日:

by kenji

AppleのmacOSを攻撃するGimmickマルウェアがセキュリティ専門家に発見されました。

Appleは外部の専門家と協力してセキュリティパッチを提供。

セキュリティの専門家はすぐにmacOSを最新バージョンにアップデートすることを呼びかけています。

macOSを攻撃するGimmickマルウェア発見

macOSを攻撃するGimmickマルウェアを発見したのは、セキュリティ専門会社のVolexity。

Gimmickマルウェアは中国のスパイグループによって作成され、アジア全域を対象に標的型攻撃で使用されます。

Volexityは2021年のサイバースパイ攻撃で感染したmacOS Big Sur11.6を実行しているMacBook Proのメモリ内からGimmickマルウェアを発見しました。

Gimmickマルウェアは、macOSのObjective Cで記述され、Googleドライブを悪用し、Googleドライブをリモートでコントロールするためのプログラムをロードします。

AppleはVolexityと協力して、2022年3月17日Gimmickマルウェアをブロックおよび削除するためのセキュリティパッチを提供しました。

ユーザーは[設定]で[システムデータファイルとセキュリティ更新プログラムのインストール]チェックボックスがオンになっていることを確認することで、自動的に保護されていることを確認できます。

専門家はできるだけ早く最新バージョンのmacOSにアップデートすることを推奨しています。

macOS12.3をリリース!ユニバーサルコントロール導入など


関連記事