iPhone14 Pro回路図のリーク情報が現れる!目立つカメラバンプとデュアルホール

投稿日:

by saki

9to5Mac

Appleは今年2022年9月にiPhone14を発売すると予想されています。

春のイベント後には毎年新モデルのiPhoneの噂が増えますが、今回も、iPhone14 Proの回路図のリーク情報が現れ、話題になっています。

iPhone14 Pro回路図のリーク情報が現れる

iPhone14 Proの回路図の情報をリークしたのは、米国のソーシャルメディアインフルエンサーのマックス・ワインバッハ氏。

回路図によると、iPhone14 Proは厚くなり、ProとProMaxモデルともにiPhone13 Proと比べて、目立つカメラバンプがあります。

前面には、ホールパンチとピルカットアウトのデュアルホールデザインが確認できます。

iPhone14Pro Maxは、幅77.58mmで高さは160.7mmになり、カメラセンサーのバンプのため、少し厚くなるようです。

iPhone14 Proのカメラバンプも大きくなりますが、Maxバージョンと比較するとわずかに小さいようです。

このようなレンダリング、CAD図面などは、iPhoneの発売に備えてケースメーカーが一般的に使用するもので、細かい部分は実際のiPhone14 Proとは異なる可能性があります。

iPhone14 Proは寸法もiPhone13 Proと非常によく似ていますが、今回リークされた回路図の通りだとすると、iPhone14 ProはiPhone13 Proのケースを再利用することはできないようです。

iPhone14のCADレンダリング登場!デザインの最新リーク情報

iPhone14 ProのCADレンダリング登場!デザインの最新リーク情報

iPhone14衛星通信接続?miniなしの4モデルが発売?

最新A16チップはiPhone14 Proモデルだけ?Appleチップで差別化戦略採用か?

iPhone14 ProでFaceIDデュアルホールデザイン採用?2023年以降は全モデルでも

iPhone14の画像がより鮮明に!サムスンのM12OLED搭載

参考・写真:9to5Mac

関連記事