iPhone15 Pro光学10倍ズーム対応!ペリスコープレンズ搭載か

投稿日:

by kenji

2023年発売予定のiPhone15 Proにはペリスコープレンズが搭載され、光学10倍ズームに対応すると著名アナリストが予想しています。

現行モデルのiPhone13 Proは3倍光学ズームであることから、ペリスコープレンズ搭載により大幅に性能がアップする見込みです。

iPhone15 Proペリスコープレンズ搭載

ペリスコープとは潜水艦の乗組員が、海上の様子を確認するときに用いる潜望鏡のこと。

ペリスコープレンズは光を90度屈折させ、レンズとセンサーを直角に配置可能にし、スマホのような薄いデバイスでも、高倍率の光学ズームを可能にします。

MacRumors

すでにアンドロイド端末に搭載されており、サムスンのGalaxy S21 UltraやHuaweiのP40Pro +などは10倍の光学ズームを実現済みです。

MacRumorsによると、アナリストのジェフ・プー氏は2023年発売のiPhone15 Proにペリスコープレンズが搭載されると予想しています。

Appleは、複数のペリスコープレンズ技術の特許を取得済み。

AppleのiPhone上位モデルの端末は優れたカメラ性能を備え、ここに強力なペリスコープレンズの光学ズーム機能が加われば、アンドロイド端末の競合製品との差を一気に縮められます。

Apple2022年オーディオブックの新サービスを開始するとの噂

AppleのAR/VRヘッドセットは革新的な3ディスプレイ構成?2022年に発売か?

‘iPhone Fold’折りたたみiPhoneのコンセプト画像をAppleinsiderが公開

次期iPad新技術でApple Pencilを充電か?ガラス面を利用したワイヤレス充電

参考:MacRumors

関連記事