GoogleアカウントをBanされた時の対処法とは アカウント凍結の報告が続々と上がってるぞ

投稿日:

by Amamin

最近になってGoogleのアカウントが凍結(Ban)されたという報告が増え始めています。

Googleに依存するスマホ生活において、もはや致命的ともいえる事態ですよね…。

今回はBanされた時の為の対応策を解説いたします。

GoogleアカウントをBanされる事態が発生中

先月から「GoogleアカウントをBanされた」という報告が増え始めています。

ツイートを見る限りでは、Googleサービスを悪用した訳では無さそうです。

少しずつアカウントBanが話題になりつつあるようですね。

GoogleアカウントをBanされた時の対処法

では実際にBanされてしまった時の対処法を紹介します。

Googleにログインする

まず最初にGoogleにログインしてみましょう。すると、アカウントがBanされた理由が表示されます。

※「Googleポリシーに違反する行為に使われていたようです」と記載される場合がほとんどです。

Googleアカウントを復元する手順

次は復元及びアカウント復活の再審査を試します。

  1. Googleアカウントを復元する為のページに入る。
  2. メールアドレスを入力し「次へ」をタップ。
  3. 「アカウントの復旧を試す」をタップ。
  4. 画面の指示に沿って操作を行う。

これでGoogleアカウントが元通りに戻るかどうかの審査を受けることができます。

しかし審査の結果、復活しないこともあります。

Google内のデータをダウンロードする

審査に通らなかったらGoogleアカウントが持つ全データをダウンロードしましょう。

  1. Googleにログインをする。
  2. 「自分のデータをダウンロード」のページに入って、ダウンロードが必要なサービスにチェックする。
  3. 画面の指示に従って操作を行う。

そうすることで下記を含むほとんど全てのデータをダウンロードすることができます。

  • chromeのブックマーク
  • Googleフォトの写真や動画データ
  • Googleドライブおよびドキュメントのデータ
  • Googleカレンダーのデータ
  • Gmailのデータ

別のGoogleアカウントにデータを移行する

ダウンロードしたデータはGoogleの各種サービスにインポートすることができます。

※残念ながら、アカウント情報を丸ごとインポートする方法はありません。

Gmail(連絡先)のインポート

Googleアカウントのメッセージと連絡先をインポートすることができます。

他のアカウントのメールをインポートする

カレンダーのインポート

Googleカレンダーのスケジュールを丸ごと移行できます。

【Googleカレンダー活用術】スケジュールをインポートする方法

Googleドキュメントのインポート

Googleドキュメントのページで「マイドライブ」をタップ。そして「ファイルをアップロード」をすることでGoogleドキュメントのファイルのインポートをすることができます。

Googleフォトのインポート

Googleフォトのページに入って、「アップロード」をタップし写真や動画ファイルをアップロードしてください。

GoogleアカウントをBanされない為にできること

今回の一連のBan騒ぎの原因はまだ明らかになっていません。

したがって、明確に「これをしたらBanされない」と言い切ることはできません。

しかしながらGoogle側からすると利用規約に違反しているからBanを行った訳です。つまりGoogleの利用規約に則った利用方法を心がけるしかありません。

Googleの利用規約

Googleのサービス毎の利用規約(ポリシー)

もしBanの危険性を感じる方は上記のページを確認し、Googleサービスの利用方法に誤りがないかチェックしてみてください。

関連記事

Googleアカウントを自動削除する方法と復元をする方法(死後に備えて)

Google検索やYouTube、Chromeの閲覧履歴を自動的に削除する方法

紛失時に使おう! iPhoneでログイン中のGoogleアカウントから遠隔でログアウトする方法

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事