Googleで求人検索をする方法 仕事探しの検索ワードはコレを使え!

更新日:

by Amamin

遂に日本でもGoogleの求人検索をスタートしました。

今回はその仕事探しが圧倒的にラクになる「Googleの求人検索」の便利な小技を紹介しますよ。

とてもカンタンなのでご安心を!

仕事を探すなら検索ワードはコレ

もう求人サイトやバイトサイトをあっちこっち探し回る必要はなくなりますよ。

では検索方法の紹介をスタートしますね。

検索ワードは一言「バイト」「求人」でOK

何も考えずに「バイト」とGoogle検索してみてください。

それだけで、近所のバイトがずらっと並びますよ。

もちろん「バイト」の代わりに「求人」という検索ワードにしても構いません。

もう少し絞りたい方は地域名で絞るのがオススメです。

「バイト(求人)+地域名」で検索する

次は働きたい場所で検索してみます。

都内であろうと、地方であろうと地域をキーにして仕事がガンガン見つかりますよ!

地域が絞り込めたら、お次は職種です。

検索ワード「職種+募集」で検索する

「求人+エンジニア」「バイト+レジ」でも構いません。職種の検索も可能となっています。

今回は「シェフ+募集」で検索してみました。

ここは結構田舎なのですが、シェフに関するお仕事が数十件も見つかりましたよ。

⇒⇒iPhoneの文字入力で絶対に知っておくべき小技はコレ

お次は気になるお給料です。

「時給」や「月給○万円以上」で検索する

時給で探してみる

安いお仕事は避けたいですよね。Googleの求人検索は時給でも絞り込みが有効です。

今回は「時給1500円」で検索してみました。

この通り、たくさんの求人が引っかかります。

意外と高時給のバイトってあるものですね…。

月給で検索してみる

じつは「○円以上」でも検索が可能となっています。

例えば「月給30万円以上」で検索してみましょう。

すると、月給30万円以上のお仕事がたくさん見つかります。

まとめ

これまで複数のお仕事サイトを検索していましたが、Googleなら1発でお目当てのお仕事を見つけてくれます。

便利なGoogleの求人検索をぜひ試してみてくださいね!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事