Google ChromeがmacOSでのパスキーのサポート開始!Macで利用可能に

投稿日:

by kenji

Apple

パスキーは、Apple、Google、Microsoft、およびFIDOアライアンスによる、パスワードに代わる取り組みです。

GoogleがChromeの最新バージョンで、macOSでのパスキーのサポートを開始したことを発表しました。

Google ChromeがmacOSでのパスキーのサポート開始

パスキーについて、Appleは6月のWWDC2022で発表しました。

パスキーはパスワードレス認証で、パスキーは業界標準に基づいて構築されており、ウェブサイトとアプリの両方で使用できます。

Apple Insider Newsによると、Googleはブログで、Chromeの最新バージョンでパスキーのサポートを開始したことを発表。

Googleによると、Chromeの最新バージョンM108以降、Windows11、macOS、Androidでパスキーが有効になっており利用可能だとのことです。

パスキーでサインインするには、デバイスのロックを解除するのと同じ方法で自分自身を認証する必要があり、デスクトップデバイスでは、近くのモバイルデバイスからパスキーを使用することも選択できるとのことです。

ユーザーは、 Face IDやTouch IDなどの生体認証を使用して、パスキーでWebサイトやアプリにサインインできます。

Googleによると、Chrome M108以降、WindowsとmacOSのChrome内からパスキーを管理できるとのことです。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

参考:Apple Insider News 写真:Apple

関連記事