【やっぱり】世界のネット通信量の15%は”あの動画サービス”が原因だった

更新日:

by すし(ごめんね)

予想外と言いますか、予想通りと言いますか…。

やはり世界でもっとも通信量を使ってるのはあの動画サービスだそうです。

Netflixはなんと15%も使ってる

SANDVINEは、世界全体の通信量の中で何のサービスが多くを占めているのか、そのデータを公開しました。

さて一体何のサービスが一番トラフィックを使っているのか…YouTubeあたりかな?はたまた、ムフフ系じゃないかな?と予想していたのですが、正解は「Netflix」なんです。

ムフフ系だと思った方、残念でした。

ちょっと予想外だったのですが、じゃあ他は?と気になる順位を順番に紹介していきますね。。

1位はNetflix。なんとダウンストリームの15%を占めているそうです。

1位がNetflixなら2位はそう、YouTubeです。YouTubeは13%とのこと。

その他はウェブブラウジングが7.8%だそうです。

動画サイト全体だと、Netflixが26.6%、YouTubeが21.3%、Amazonプライム・ビデオが5.7%、Twitchが3.5%という比率になるそうですよ。

じゃぁムフフ系はどうなのか?

そうなると気になるのが大人のサイトです。

Netflixと比べたら思ったほどじゃない?そんなことはありません。

2017年のPornhubのデータを見る限り、凄まじいものがあります。

280億人が一年間にpornhubを訪れ、年間400万本のビデオがアップロードされています。

データの転送量はなんと3,732ペタバイト!もはや異次元ですよね。

そのpornhubを遙かに上回るのが、NetflixやYouTubeと言うわけです。

いやはや恐ろしい…。

通信量に関する記事

【検証】YouTube10分あたりの通信量はどれくらい?試してみた

【比較】Apple MUSIC / Prime Music / Spotifyの通信量を検証してみた

【検証】無料でTV番組が見られる『TVer』1本あたりの通信量はどのくらい?

通信量を節約!iOS13の「省データモード」とは?設定方法を解説

【通信制限の時に読む】iPhoneで徹底的に通信量を節約する設定方法まとめ

【通信制限の確認】残りの通信量はココで見る|ドコモ・au・ソフトバンク・格安SIM


関連記事