中古iPhoneを購入するときに確認すべき5つのこと

投稿日:

by ryo

こんにちは、ryoです。

スペシャルイベントの告知が行われ、いよいよ次期iPhoneの発売が近づいて来ていますね。

新型のiPhoneが発売されると旧型となるiPhone 7などの中古品の価格が下がり、購入を検討する方もいらっしゃるかと思います。

でも中古品は条件が整っていないと全く利用出来ない場合もあるので、購入前にしっかりと確認しておく必要があります。今回は中古品購入時に注意したいポイントを紹介しますよ!

中古iPhone購入時に注意したいポイント5つ

中古品を安く入手するのに便利なのがネットオークションやフリマアプリですよね。しかし、購入前にしっかりと確認しないといざ本体が届いても全く使えないという事態も。

そこで、中古iPhoneの購入前に注意したいポイント5つを紹介します!

1. 白ロム(端末代金が支払い済み)かどうか

まず最初に確認したいのはこちら。キャリアで契約されている端末であれば、本体代金を分割払いにしている方も多いはず。

しかし、分割払いがまだ残っていたりすると、キャリアによって「ネットワーク利用制限」がかけられてしまいます(赤ロムと呼ばれる状態)。

この状態になると、インターネットが使えないだけではなく、通話などのiPhoneの機能そのものが停止されてしまいますよ。

欲しい端末が「白ロム」であるかどうかは、契約されているキャリアのページから確認可能。

・ドコモ(ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト
・au(ネットワーク利用制限携帯電話機照会 – My au
・ソフトバンク(ネットワーク利用制限

対応するページを開き、IMEI(製造番号)を入力すればその端末が「白ロム」なのかを確認する事が出来ますよ。

〇:利用できます」の状態以外のものは突然利用出来なくなる可能性があるので、買わないようにしましょう。

iPhoneのIMEIは、「設定」→「一般」→「情報」から確認する事が可能です。

中古品を買う前にはまず「白ロム」の端末かどうかを確認するようにしましょう!

2. 購入する端末のキャリア,SIMロック

格安SIMを利用したい場合でも、端末が契約しているキャリアが重要ですよ。

格安SIMはあくまで大手通信事業者の回線を借りているだけなので、それぞれに派閥があります。

利用したい格安SIMが何系(ドコモ系、au系、ソフトバンク系)なのかを確認し、購入しようとしている端末と利用したいキャリアが一致しているかを確かめましょう。

もしキャリアが一致していない場合には、「SIMロック」という機能によって、通信が利用出来なくなってしまいます。

一方で、購入しようとしている端末がSIMフリーモデルであったり、キャリアで契約されている場合でもSIMロックが解除された状態であるならどれでも大丈夫ですよ。

3. アクティベーションロックが解除されているか

キャリアによる利用制限の他に、iPhone本体の機能として「アクティベーションロック」というものが存在しています。

この機能は盗難品が再利用されるのを防ぐための機能なのですが、これが解除されていないとiPhoneが全く利用出来なくなってしまいます。

これを解除するためには、元々利用していた人のApple IDが必要となるので、ネットオークションなどで購入する場合には注意が必要ですよ。

ロックの解除の方法は簡単で、iCloudの設定から「iPhoneを探す」をオフにするだけ。販売者に事前に確認しておくようにしましょう。

因みに、アクティベーションロックがかかった状態で端末を初期化しても、ロックを解除しないと利用できないので注意が必要ですよ!

4. 本体の状態に問題は無いか

中古品であったら、多少のキズやへこみは仕方ありません。しかし、それがあまりにも酷い場合など気になる事もあるので、購入前に確認しておきましょう。

また、バッテリーの減り具合も重要です。これに限っては確認の方法が無いのでどうしようもありませんが、シリアル番号(IMEIと同様に確認可能)から製造年月が分かるので、参考にしてもいいかもしれません。

シリアル番号から製造年月を確認するには、こちらのサイトにアクセスし、シリアル番号をコピペすればOK。

製造年月の他にも端末の様々な情報が見られるので、一応購入前に確認しておきたい方はシリアル番号を控えておきましょう。

5. 付属品の有無

すぐにiPhoneを利用開始したい場合には充電器が必要ですし、買った中古品をまた売る場合には箱があった方が高く売れることも。

付属品無しで安く販売されているiPhoneもあるので、自分の使用スタイルと照らし合わせて、必要な付属品が入っているかも確認しておきましょう。

以上、中古のiPhoneを購入する際に注意したい点をまとめて紹介しました。

最悪の場合、端末が届いても全く利用できない場合もあるので、購入前にしっかりと確認するようにしましょう!

ryo

関連記事