iPhoneも年末大掃除! きれいな状態で使い続けるためのお手入れ方法まとめ

投稿日:

by saki

どうもsakiです。

年末、大掃除の季節がやってきました。お部屋の掃除も良いですが、普段使っているiPhoneの掃除もしっかりやっておきたいですよね!

ということで今回は、iPhoneの画面やLightningコネクタ、スピーカー、ホームボタンなどのお手入れ方法をまとめてご紹介したいと思います。

2022年も使い続けるiPhoneをしっかり綺麗にしておきましょう!!

写真は少し古めですが、やることは同じなのでご参考に!

1.ディスプレイ、カメラレンズを掃除

iPhoneの電源を切ってケーブル類を取り外したら、まずはディスプレイやカメラレンズを掃除しましょう。

必要なのはメガネ拭きのような糸くずの出ない柔らかい布だけ。必要であれば少しだけ湿らせて、表面の汚れを拭き取りましょう。もちろん内部に水分が入らないよう注意してください。

レンズも優しく表面の汚れを拭きとってください。

2.イヤホン、スピーカー、Lightningコネクタを掃除

iPhone下部にあるイヤホンジャック、スピーカー、Lightningコネクタは、つまようじを使って掃除するのがおすすめです。

先ほど使用したような柔らかい布で表面を拭き取り、

つまようじを穴の中に入れてホコリを取り除きましょう。

仕上げに家電量販店などで600円前後で売られている「エアダスター」で細かいホコリを吹き飛ばしたら完了です!

3.イヤースピーカーを掃除

電話を受ける時に音がでるイヤースピーカー。こちらは固めの歯ブラシを使って掃除するのがおすすめ。

表面を布で吹いたら、歯ブラシを細かく動かして汚れを取り除いていきます。

こちらも最後にエアダスターで仕上げるとより綺麗になりますよ!

4.ホームボタンを掃除

よく触れるホームボタンにも汚れはたまりやすいですよね。

基本的には布で表面を拭くだけで良いと思いますが、さらに細かい部分まで気になる方は綿棒を使いましょう。

綿棒でホームボタンを押しながら、本体との境目をなぞるようにして掃除します。ホームボタンを強く押しすぎないようにしてください!

以上でお掃除完了です!iPhone本体の汚れが気になる方は、ぜひ試してみてください!!


関連記事