MVNOの月額料金がさらに安くなるかも!キャリアが接続料を引き下げへ

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

大手キャリアから回線を借りてサービスを提供しているMVNO(格安SIM)ですが、産経新聞によるとこの回線の貸出料金(接続料)が引き下げられることが分かったとのこと。

引き下げ分はキャリアによって10%から20%。今も安いMVNOの月額料金がさらに安くなり、キャリアとの価格差はますます広がることになりそうですよ。

10%から20%の引き下げ

MVNOはキャリアから回線を借りてサービスを提供していますが、この回線貸出料(接続料)はキャリアが年度末に算出し発表するので、MVNOは年度内に借りたデータ通信量分を遡って支払う仕組みとなっています。

そして今回、今年2月に改正された総務省令に基づく新算定方式により、MVNO向けのデータ通信接続料は平成28年度分から

  • ソフトバンク:約20%(約117万円→約94万円)
  • au:約10%(約97万円→約87万円)
  • ドコモ:約15%(約79万円→約67万円)

に引き下げられるとのこと。

この引き下げはユーザーにも恩恵があり、例えば月額1,980円のMVNOの場合、100円程度の値下げに繋がると見られていますよ。

4月は新生活が始まるということで新規ユーザーも増える時期。接続料引き下げに伴って4月中に値下げに踏み切るMVNOも増えそうですね。

ただし…残念ながら引き下げに動くMVNOはすべてではないかもしれません。

というのもMVNOは600社以上あると言われており、ただでさえ安いのにも関わらず価格競争が行われ、MVNOの中には赤字になっているところもあるそうなんです。

MVNOへの乗り換えを考えている方は、4月の各社の動きを見てから決めると良いかもしれませんね!

MVNOに乗り換えると本当にお得なのか知りたい方はこちら

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:産経新聞

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事