【実際の音声あり】4才の男の子がSiriを使って母親の命を救う!

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

イギリスに住むRomanくん(4歳)は、意識不明で倒れている母親を発見。警察に電話するために助けを求めたのはSiriでした。

一体どのような事件だったのか、実際の音声記録を交えつつご紹介します。

4歳の男の子が母親の命を救う

事件が起きたのは3月7日。以下の動画はRomanくんが999(日本で言う110番)に通報した時の実際の通話記録です。

英語でのやり取りのため、会話の内容を編集部にて意訳しました⇓

999「警察です。どうしましたか?」
Romanくん「こんにちは、僕はRomanです」

999「OK、あなたのママはどこ?」
Romanくん「家にいるよ」

999「じゃああなたはどこにいるの?」
Romanくん「家にいるよ」

999「お願いを聞いてくれるかな?ママにかわってくれる?」
Romanくん「それはできないよ。ママは死んでるんだ」

999「ママは家にいるって言ってたよね?死んでるってどういうこと?」
Romanくん「目を閉じてるんだ。息もしてないよ」

999「わかったわ。住所は分かるかな?」
Romanくん「◯◯◯Road 22だよ」

999「ママのところに行って揺らしてみてくれるかな?」
Romanくん「起きないよ」

999「ママって叫んでみて」
Romanくん「ママー!……ダメだよ」

999「あなたはKenleyにいるの?」※Kenley=街の名前と思われる
Romanくん「そう、Kenleyだよ!」

999「あなたの名前は?」
Romanくん「Romanだよ」

このRomanくんの通報により13分後には警察と救急隊が駆けつけ、意識不明となっていた母親に応急処置を施せたそうです。その後病院に運ばれましたが命に別状はなく、すでに退院しているとのこと。

死んでいると思ったのにも関わらず、ここまでちゃんと受け答えが出来るとは…Romanくん4歳とは思えないぐらいしっかりとしていますね(´Д⊂

イメージ画像

さて、イギリスに住む子どもたちは幼い頃から「何かあったら999に電話しなさい」と教えられているそうですが、Romanくんがとった手段は別の方法でした。

彼は母親の親指をiPhoneのTouch IDに押し当ててまずロックを解除。その後Siriを起動させ、緊急通報ダイヤルに電話をかけるように指示したそうです。

自宅に固定電話がなかったのかどうかは分かりませんが、子どもにとっては999に自分で電話するよりもSiriに「電話して」と頼む方が簡単なのかもしれませんね。

なにはともあれ、Romanくんの機転のおかげでお母さんの命が助かって良かった…と思わせる出来事でした。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Appleinsider

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事