AppleがApp Storeで84の詐欺アプリ提供中!セキュリティ会社が警告

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは、2021年1年間でApp Storeで160万の詐欺アプリなど問題のある新規アプリの拒否とアプリの更新を停止し、ユーザーを保護したと、以前プレスリリースを公表しています。

それでもAppleのApp Storeで、多くの詐欺アプリが提供されていると、セキュリティ会社が警告しており、話題になっています。

AppleがApp Storeで84の詐欺アプリ提供中

the MacObserverによると、DigitalInformationWorldは、AppleがApp Storeで84の詐欺アプリを提供していることをレポート。

DigitalInformationWorldによると、ウィルス対策ソフトを販売するセキュリティ会社アバストが、133の危険なiOS詐欺アプリのリストを公開してから1年以上が経過したにもかかわらず、Appleは60%以上の84の詐欺アプリをいまだに提供しているとのことです。

詐欺アプリは、2022年5月に720万回のユニークダウンロードを記録し、開発者は合計純収益で860万ドル以上を稼いだと計算されています。

詐欺アプリのほとんどは、法外なサブスクリプション料金を請求し、キャンセルするのが難しいとのことです。

DigitalInformationWorldは、詐欺アプリはフォトエディター、フィルターアプリ、壁紙アプリとしてAppStoreに表示されており、見分けるのが難しいとのことです。

詐欺アプリかどうかは、1つ星のレビューを見て、何百人、あるいは何千人ものユーザーが高いサブスクリプションコストについて記載しているかどうかを確認する方法があると、DigitalInformationWorldは伝えています。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介


関連記事