iPhone 8に「Tap to Wake」機能搭載か?急速充電にも対応との情報

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

年明け早々、今年発売予定の次期iPhoneの情報が舞い込んできましたよ!

登場がもはや確実視されているiPhone 8には「Tap to Wake」機能が搭載され、さらに急速充電にも対応しているとの話。

詳しくご紹介します!

Tap to Wake機能とは?

昨日、iOS 10.3にはシアターモードが搭載されるのでは…とご紹介しましたが、その情報をリークしたSonny Dickson氏が次期iPhoneの機能についても明かしています。

Photo by iHelp BR

Sonny Dickson氏からの情報としてForbesが報じたところによると、次期iPhoneのラインナップは以前から言われている通り、

  • iPhone 7s
  • iPhone 7s Plus
  • iPhone 8

の3モデル。7s/7s Plusはこれまで通り7/7 Plusの機能やデザインを踏襲したもので、8はハイエンドモデルとなると言われています。

まずこの3モデルすべてに急速充電機能が搭載されるとのこと。

充電ポートを管理する「Tristar 3, Hydra」というチップが使われ、これは急速充電が可能なものだそうですよ。

しかし現在多くのスマホに搭載されているQualcomm社の急速充電規格「Quick Charge」ではないため、いま私たちが持っている急速充電対応機器との互換性があるかは未知数。

独自規格が好きなAppleなので、急速充電したければApple製品もしくはMFi製品を購入しなければならない、となりそうな気もしますね…w

続いてiPhone 7s/7s Plusにはなく、iPhone 8だけに搭載される機能として「Tap to Wake」が挙げられています。

これはすでに多くのローエンドAndroid端末に搭載されている機能で、ディスプレイをタップするだけでスリープ解除(画面が点灯)するというもの。

iPhone SE及び6s以降の端末では「Raise to Wake」という本体を持ち上げる(傾ける)だけでスリープが解除できる機能がありますが、「Tap to Wake」では机に置いたままのiPhoneでも簡単に解除できる(=通知が確認できる)ので便利になりそうですね。

ただ、すでにTap to Wake機能が搭載されているAndroid端末のいくつかでは「ポケットに入れてたら勝手に起動してしまう」などの誤作動について報告されているため、ここの精度が肝となりそうです。

急速充電にTap to Wake機能、どちらもぜひ使ってみたいですね…!

参考:Frobes

関連記事