このサイトはアフィリエイト広告を利用してます

iPhone15 7月からサプライヤーに入荷開始!iPhone14よりも良く売れると予想

iPhone
Apple/YouTube

Appleは今年2023年9月にiPhone15シリーズを発売すると予想され、あと約3か月に迫りました。発売に近づくにつれリーク情報などが増えてきますが、サプライチェーンの混乱をさけるためiPhone15シリーズの入荷が間もなく開始されるとのことです。

iPhone15 7月からサプライヤーに入荷開始

中国のサプライチェーンサイドからの情報として、IT Homeは、AppleはiPhone 15の在庫発注を出し、サプライヤーには7月に入荷開始されることをレポート。

IT Homeによると、アナリストはiPhone 15の全体的なパフォーマンス向上について楽観的であり、消費者にとってiPhone 13やiPhone 14よりも魅力的な携帯電話になると考えており、iPhone 14の年間出荷台数が7,800万台だったのに比べ、過去最高の8,900万台に達すると予想しているとのことです。

Appleが昨年のサプライチェーンの混乱から学び、Foxconnに加えて、PegatronとLuxshareの組立工場もiPhone 15の最初の組立てに参加するために追加されたとのことです。

報道によると、iPhone 15の組み立て受注の55~60%をFoxconnが受注し、Luxshareが受注の約20~25%を占め、Pegatronは15~20%とのことです。

iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Maxは3nmチップのA17チップをを搭載し、チタンフレームを採用する可能性がり、最上位のiPhone 15 Pro Maxには、5〜6倍の光学ズームを可能にするペリスコープ望遠カメラが搭載される可能性があります。

標準モデルのiPhone15とiPhone15 PlusにはA16チップ、Dynamic Islandが搭載され、48MPの背面カメラレンズが搭載され、アップグレードされるとレポートされており、実現するのか注目が集まっています。

【Amazonの裏技】検索で「アレ」を追加すると、信頼度が一気に上がる

タイトルとURLをコピーしました