iPhone14衝突事故検出機能がジェットコースターで誤作動するときの対処法は?Appleが詳細を説明

投稿日:

by kenji

Apple

iPhone14シリーズの衝突事故検出機能が、ジェットコースターで誤作動するとのユーザーからの報告について、先日レポートしました。

Appleが衝突事故検出機能について詳細を説明し、話題になっています。

iPhone14衝突事故検出機能がジェットコースターで誤作動するときの対処法は?

衝突事故検出機能は、iPhone14シリーズの全モデル、Apple Watch8、Apple Watch SE2、Apple Watch Ultraに搭載された新機能で、自動車事故が発生した場合、デバイスが検出し緊急サービスと緊急連絡先に通知する機能です。

MacRumorsによると、TechCrunchは、Appleの2人の副社長Kaiann Drance氏とRon Huang氏のインタビューを掲載。

Appleは、高い重力は、ユーザーが自動車事故に遭っている最大の手がかりであり、比較的高い重力を短時間経験できるジェットコースターのような乗り物でもアクティブになる可能性があると説明。

衝突事故検出のために、ジャイロスコープと加速度計、ユーザーが高速で移動していることを判断するためのGPS、衝突音を監視するためのマイク、エアバッグの展開時に発生する圧力の変化を検出する気圧計を利用。

速度の変化、衝撃力、圧力の変化、騒音レベルの組み合わせは、すべて非常に動的なアルゴリズムで、単純な方程式ではなく、衝突事故検出が発動ためには複数のトリガーの組み合わせとのことです。

MacRumorsは、衝突事故検出のジェットコースターでの誤作動は、iPhone14のセンサーが、乗り物の急ブレーキと動きを別の車両との衝突として誤って解釈した結果である可能性があると伝えています。

Apple Insider Newsは、ジェットコースターでの誤作動対策として、iPhone14やApple Watchの衝突事故検出機能を一時的にオフにする方法を伝えています。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:TechCrunch via MacRumorsApple Insider News 写真:Apple

関連記事