Apple Watch7が着用中ユーザーの腕で発熱し翌朝爆発!バッテリー障害が原因か?

投稿日:

by kenji

Chance Miller/YouTube

Apple Watch7が昨年9月に発売されてから、1年余り。

米国メディアによると、ユーザーが着用していたApple Watch7が発熱し、翌朝爆発したとのことで、話題になっています。

Apple Watch7が着用中ユーザーの腕で発熱し翌朝爆発

9to5Macによると、Apple Watch7のユーザーから、爆発事故について連絡を受けたとのことです。

Apple Watch7のユーザーによると、着用時にいつもよりかなり熱くなっていることに気づいたとのことです。

その後、Apple Watch7の背面にひびが入り、watchOSが高温のためにシャットダウンする必要があるという警告を表示していることに気づきました。

すぐにAppleサポートに電話して状況を説明しましたが、解決策やアドバイスは提供されず、Appleから連絡があるまでApple Watch7に触れないようにという指示だけを受けました。

翌朝、目を覚ますと、Apple Watch7が触るとさらに熱くなっており、その熱でディスプレイが粉々になっていました。

ユーザーが写真を撮って Apple に送るためにApple Watch7を手に取ったとき、すぐにパチパチという音が鳴り始めたので、窓から放り投げた瞬間に爆発したとのことです。

ユーザーは、鉛中毒の懸念から緊急治療室(ER)を訪れ、治療を受けました。

その後、彼は再びAppleに連絡を取り、最新状況をを伝えたところ、Appleは調査のためにデバイスをラボに運ぶために集配手続きをしたとのことです。

Appleはユーザーに文書を送り、それに署名し、この話を誰とも共有しないことに同意するように求めましたが、彼は文書への署名を拒否し、代わりに9to5Macに連絡したとのことです。

Apple Insider Newsは、Apple Watch7の爆発事故は、バッテリー障害が原因ではないかと伝えています。

iPhone8 Plus爆発で男性が両目を損傷!バッテリーの劣化が原因か?


関連記事