iPhone14シリーズで追加された新機能の衝突事故検出とは?Appleの紹介動画が話題

投稿日:

by kenji

Apple Support/YouTube

Appleはイベント「Far out」でiPhone14シリーズを発表、現在予約注文中ですが、9月16日に販売開始です。

iPhone14シリーズでは、新機能として衝突事故検出機能が追加されました。

iPhone14シリーズの新機能の衝突事故検出とは?

衝突事故検出は、iPhone14シリーズ全モデル、Apple Watch8、Apple Watch Ultra、Apple Watch SE2でデフォルトで有効になっている機能で、重大な自動車事故が検出された場合にデバイスが救助を要請できる機能です。

Appleは、新機能の衝突事故検出についての紹介動画を公開。

新たに公開されたサポートページによると、衝突検出は、セダン、ミニバン、SUV、ピックアップトラック、その他の乗用車が関与する、正面衝突、側面衝突、追突、横転などの深刻な自動車衝突を検出するように設計されています。

Appleによると、深刻な自動車事故が検出されると、 iPhone14シリーズ全モデル、Apple Watch8、Apple Watch Ultra、Apple Watch SE2がアラートを表示し、アラームを鳴らします。

10秒経過してもユーザーがアラートに応答しない場合、さらに10 秒間のカウントダウンを開始し、それでも応答しない場合、デバイスは救助を要請するとのことです。

Appleは、100万時間分のリアルな運転データと衝突事故データ、そのすべてを活用することで、iPhoneの衝突事故検出は生まれたと伝えています。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:MacRumors 写真:Apple Support/Twitter

関連記事