2022年9月発売Apple Watchシリーズ8に搭載?温度センサー特許取得

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは2022年9月にApple Watchシリーズ8を発売すると予想されています。

Appleが体温検出機能の研究開発を進めていると噂されていましたが、今週温度センサー特許を取得したことが判明しました。

Apple Watchシリーズ8に搭載?温度センサーの特許取得

MacRumorsによると、今週2022年8月9日(日本時間8月10日)、米国特許商標庁(USPTO)は、「携帯電子機器の温度勾配センシング」というタイトルのAppleへ付与された特許を公開しました。

USPTO

Appleの特許は、温度センサーと温度差プローブで構成され、一方の端は測定対象の表面に接触し、もう一方の端は温度センサーに接続されて、プローブの両端の差を計算することによって体温感知する機能で、センサーは皮膚などの外面の絶対温度を測定するために使用できるとのことです。

MacRumorsは、特許の文言はあらゆるデバイスに適用できることを示唆しているが、特許のイラストに描かれている唯一のデバイスは明らかにApple Watchなので、Appleがこの技術に対してどのような特定のアプリケーションを念頭に置いているかを示唆している可能性があると伝えています。

Apple Watchシリーズ8で体温検出機能が搭載されるのではないかと噂されています。

Apple Watchでビデオ通話ができるバンドがコチラ!カメラ内蔵で8GBのストレージ

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事