iOS16、macOS13でSafariにAVIF画像のサポート追加!高画質でデータサイズがコンパクトに

投稿日:

by kenji

Apple

先週Appleは、iOS16、macOS13ベータ3を開発者向けにリリースしましたが、Safari16で搭載されるWWDC2022で発表されていない新機能が発見され、話題になっています。

iOS16、macOS13でSafariにAVIF画像のサポート追加

iOS16とmacOS13で搭載されるSafari16は、Webプッシュ通知、共有タブグループ、新しいパスワード機能など、複数の新機能を備えています。

9to5Macによると、iOS16とmacOS13で搭載されているSafari16では、AVIF画像形式のサポートが提供されるとのことです。

AFIVは、JPG形式とは異なり、高画質でコンパクトなファイルを配信するように最適化された最新の画像コーデックで、透明度、HDR、広色域、アニメーション画像などの最新機能もサポートしているため、GIFを置き換えることもできます。

AFIVコーデックはオープンスタンダードであり、現在GoogleChromeとMozillaFirefoxでサポートされ、Google、Amazon、Netflix、Microsoftなどの複数の企業がAVIF形式を支持してきました。

Safari16は、iOS16とmacOS13とともに、今秋に一般公開される予定です。

暑い夏にiPhoneでやってはいけない3つのこと!バッテリーの寿命が短くなることも

参考:webkit.org via 9to5Mac 写真:Apple

関連記事