iOS16ベータ1キャプチャ認証(CAPTCHA)を回避できる自動検証機能搭載!

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは、WWDC2022の基調講演での正式発表後、開発者向けにiOS16ベータ1をリリースしましたが、基調講演では発表されなかったiOS16の自動検証機能が発見され、話題になっています。

iOS16ベータ1にキャプチャ認証(CAPTCHA)を回避できる自動検証機能が搭載

キャプチャ認証(CAPTCHA)は、セキュリティのために、信号機の画像をタップしたり、波状のテキストを解読して人間であることを証明するために利用されています。

MacRumorsによると、iOS16では、サポートされているアプリやWebサイトでキャプチャ認証(CAPTCHA)を回避できる自動検証機能が追加されました。

自動検証機能の設定は、「設定」アプリを開き、「Apple ID」>「パスワードとセキュリティ」>「自動検証」をオンにすれば可能です。

Appleは、iCloudがバックグラウンドでデバイスとApple IDアカウントを自動的かつプライベートに検証し、アプリやWebサイトがCAPTCHA検証プロンプトを表示する必要をなくすと伝えています。

Appleのdeveloperページで公開された動画によると、自動検証のしくみは、デバイスとApple IDアカウントが良好な状態にあることを確認し、アプリまたはWebサイトにプライベートアクセストークンと呼ばれるものを提示するとのことです。

iOS16とiPadOS16ベータ1では、自動検証がデフォルトで有効になっています。

iPhoneでアプリがクラッシュしたり不具合が発生!6つの原因と7つの解決方法

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事