Apple 2nmチップ開発中?2025年から大量生産を計画

投稿日:

by kenji

Appleが9月に発売したiPhone14 ProとiPhone14 ProMaxに搭載されたA16チップは4nmプロセスで製造されていますが、アップルは2nmチップを開発しているとレポートされ、話題になっています。

Apple 2025年からの搭載をめざし2nmチップ開発中

Cult of Macによると、台湾のDigitimesは、Appleが2nmプロセスで製造されるチップの準備を進めているとレポート。

Digitimesによると、Appleは2nmチップの準備を熱心に進めており、2025年に大量生産に入る予定の新しいノードを備えた自社開発プロセッサについてTSMCと協力することを検討しているとのことです。

2nmプロセスとは、プロセッサコンポーネント間の距離を表し、距離が縮むことでパフォーマンスが向上し、廃熱が少なくなります。

M1チップ、A15チップ、M2チップは5nmプロセスで製造されており、A16チップは4nmプロセスを使用しています。

来年2023年に発表されると噂されているM3チップは、Apple初の3nmプロセスチップになると予想されています。

Cult of Macは、進捗は常に予定どおりに進むとは限らないと伝えています。

「IPX7」のIPXって何?防水規格について詳しく解説するぞ

参考:Cult of Mac

関連記事