iOS15.5ベータ4サードパーティアプリで再生速度を調整できるApple Music APIを復活!

投稿日:

by kenji

iGeneration

Appleは今週、iOS15.5の開発者向けベータ4とパブリックベータ4をリリース。

AppleのソフトウェアエンジニアがiOS15.4で削除されたApple Music‌の機能をiOS15.5ベータ4で復活させたことを投稿し、話題になっています。

iOS15.5でサードパーティアプリで再生速度を調整できるApple Music APIを復活

Apple Musicアプリ自体では再生速度を変更できませんが、PerfectTempoなどのサードパーティ製のアプリでは以前、再生速度を好みに合わせて調整できました。

AppleはiOS15.4で、サードパーティアプリで再生速度を調整できるApple Music APIを削除。

アプリ開発者やユーザーから多くの批判がありました。

iGenerationによると、今週、Apple Music‌チームのソフトウェアエンジニアであるJoe Kun氏は、developerフォーラムに投稿

サードパーティアプリケーションでAppleMusicからのサブスクリプションコンテンツの再生速度の変更を無効にするという以前の決定を再評価し、iOS15.4のリリース前と同様に、その機能を再び安全に有効にできるという結論に達しました。

そのため、この問題はiOS15.5ベータ4で修正されています。

これがお役に立てば幸いです。

iOS15.5でサードパーティアプリで再生速度を調整できるApple Music APIが復活するとのことです。

iOS15.5は今月すべてのユーザーへリリースされると予想されています。

2022年登場MacBook Air最新予想!発売日は?デザイン・機能・販売価格など

参考:iGeneration via MacRumors

関連記事