2023年発売のiPadはOLEDディスプレイ搭載か?サプライヤーが製造準備に入る

投稿日:

by kenji

Appleは早ければ2023年に発売されるiPadにOLED(有機発光ダイオード)ディスプレイパネルを搭載するとのサプライヤーサイドからのレポートがありました。

現在、AppleのディスプレイパネルのサプライヤーのLGがiPad用のOLEDディスプレイパネルを製造するための生産設備を移転中とのことです。

2023年発売のiPadはOLEDディスプレイ搭載か?

韓国のウェブサイトTheElecによると、LG Displayが将来のiPad専用のOLEDパネルを製造するための設備を韓国の坡州工場で準備しているため、Appleの OLEDディスプレイを搭載したiPadモデルは生産に近づいているとレポートしています。

Apple

工場には、iPhone用のフレキシブルOLEDパネルを製造する2つの生産ラインがすでにあり、LGは「iPhone」パネルの生産能力を増強するために第3ラインを建設しています。

新しい第4のラインは、剛性のあるOLEDパネルを製造するとのことで、これがiPad用のOLEDパネル製造ラインではないかとのことです。

Appleに関する著名なアナリストのMing-Chi Kuo氏は、Appleが2022年にOLEDディスプレイを搭載した最初のiPadとしてiPad Air5を計画していたことを報告していましたが、現在は2022年中に発売されるiPadにはOLEDディスプレイは搭載されないのではないかとしています。

OLEDディスプレイは2023年に初めて「iPad」に登場する可能性があります。

LGは2024年に坡州工場でこれらのパネルの量産を開始する予定であると言われています。このタイミングは、Appleが2023年から2024年の間にOLED‌iPad‌を発売するのではないかという、最近の予想と一致しています。

参考:TheElec via MacRumorsiDROPNEWS 写真:Apple

関連記事