Apple「紛争鉱物」違反のサプライヤーと契約解除!人権尊重を優先

投稿日:

by saki

Apple2022年2月9日(米国現地時間)に2021年の「紛争鉱物」監査に関するレポートを米国証券取引委員会(SEC)に提出しました。

Appleが、鉱石の販売から得た収益が武力紛争の資金調達に使用されていた疑いがある12の精錬所と精製所との契約を解除したことが報告されました。

Apple「紛争鉱物」違反のサプライヤーと契約解除

報告書によると、Appleは責任ある鉱物調達の要件に基づき、コンゴ民主共和国および近隣諸国でスズ、タンタル、タングステン、および金(3TGとして知られる)を採掘する12のサプライヤーとの契約を解除しました。

Appleは、サプライヤが厳格な行動規範を遵守し、「社会的、環境的、人権的リスク」を含むさまざまなリスクを特定することを求めています。

「紛争鉱物」はコンゴ民主共和国など、採掘されている国での殺人などの人権侵害に関連する武装集団に資金を提供するために使用されることがあります。

Appleは2009年以来、「紛争鉱物」違反により163の3TG製錬所と精製所との契約を解除しています。

Appleの報告書によると、2021年はAppleのサプライチェーンの3TG製錬所と精製所の100%が監査の基準を満たした7年連続の年になったとのことです。

参考:CNET via iPhone in Canada

関連記事