AirPods(Pro)のお手入れ、掃除する方法【画像有り】

更新日:

by Amamin

AppleがAirPodsやAirPods Proのお手入れをする方法を公開しています。

今回はそれをすごーく分かりやすい形にして紹介しますよ。

AirPodsやAirPods Pro本体をお手入れする方法

通常時のお手入れ

本体をお手入れする時は基本的には水は使いません。

※研磨剤は使わないでください。

用意するもの

・糸くずのでない乾いた布(ハンカチ等)

乾いた布でAirPods本体を綺麗に拭き上げることでお手入れはうまくいくハズです。

水以外の素材でAirPodsが汚れた時

石鹸、シャンプー、コンディショナー、ローション、香水、溶剤、洗剤、酸または酸性の食品、虫除け、日焼け止め、油、毛髪染料などにAirPods(Pro)の本体に触れた時の対応方法です。

用意するもの

・糸くずのでない乾いた布(ハンカチ等)を流水で軽く湿らせます。

その軽く湿らせた布で汚れた部分を拭きます。

注意点

  • スピーカー部分やマイクの部分は乾いた布で拭きましょう。
  • 充電ケースに入れる前に、本体を完全に乾かす必要があります。
  • 乾くまで使用するのは控えましょう。
  • 研磨剤は使わないでください。

AirPods(Pro)のケースのお手入れ

用意するもの

・糸くずのでない乾いた布(ハンカチ等)

・イソプロピルアルコール(必要に応じて)

お手入れの仕方

乾いた布でAirPodsのケースを拭き上げます。その際、必要な場合にはイソプロピルアルコールで布を湿らせても構いません。

注意点

AirPods Proの本体はIPX4程度の耐水性能がありますが、ケースには防水性能も耐水性能もありません。

極力濡らさないようにしましょう。万が一、水が入った場合は上下逆さまにおいて乾かしてください。

  • 充電ポートに液体(イソプロピルアルコール)が入らないようにしましょう。

  • もしLightningコネクタに異物が入った場合は清潔なブラシを使って慎重に取り出してください。
  • 乾くまで使用するのは控えましょう。
  • 研磨剤は使わないでください。

AirPods Proのイヤーチップのお手入れ

用意するもの

・糸くずのでない乾いた布(ハンカチ等)

お手入れの仕方

イヤーチップに水分が溜まった場合は、糸くずの出ない柔らかくて乾いた布の上にイヤーチップの開口部を下向きにして載せ、軽くたたいて水分を取り除きます。

イヤーチップは水ですすぎ洗いすることができます。ただし石鹸や家庭用洗剤は使用不可。

洗った後は乾いた布で拭き上げます。完全に乾いたことを確認してからAirPodsと取り付けます。

まとめ

意外なことにAppleは、AirPods ProにはIPX4程度の耐水性能があるものの、それでも濡れた布で拭き上げることを推奨していません。

基本的には乾いた布で拭くことになりそうですね。

AirPods ProとAirPodsの違いが気になる方はこちらの記事をどうぞ。

AirPods ProとAirPods、違いを比較してみよう

AirPods Pro実機レビュー!学生・社会人の効率を上げる感動的なライフハックガジェットでした

Airpods Proは「顕著に音質が向上」したもののGalaxy Budsの方が優秀、コンシューマー・レポートが評価

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone11シリーズをコスパでガチ検証しました。

iPhone11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事