iOS13.2の新機能をチェック!アップデートしたら不具合が出たとの声も

投稿日:

by Amamin

iOS13.2では多くの修正と機能追加がされています。

特にiPhone11シリーズを使っているユーザーにとっては目玉機能となるDeepFsuion機能が登場します。

と言う訳でiOS13.2の新機能と既にアップデートした人の声、不具合について紹介しましょう。

iOS13.2の新機能

アプリの削除方法の変更

iOS13からはアプリアイコン長押ししてアイコン上にXボタンが出てこないとアプリが消せない仕様になっていました。

iOS13.2からはアプリアイコンを長押しすると「Appを削除」という項目が表示され、選択することでアプリを削除することができます。

Deep Fusion

Deep Fusionは普通の写真のように撮影できるものの、複数の写真を合成して美しく詳細な部分まで描写するiPhone11シリーズの画像処理テクノロジーのことです。

この合成処理はピクセル単位で行われ、それが衣服であるのか、皮膚であるのか画像の各場所の特性を理解し最適な合成が行われます。この処理の途中ではノイズ等も処理されます。

つまり短時間露光の4枚、標準の4枚、長時間露光の1枚の合計9枚の写真をAIが1秒で分析し合成することで、「最も美しい1枚」を作り上げる訳です。

「Deep Fusion」とは?iPhone11シリーズで使えるカメラ機能を解説

ビデオ撮影の解像度とフレームレート変更

こちらもiPhone11(Pro)限定ですが、ビデオ撮影画面で右上をタップすることで、解像度とフレームレートを変更することが可能となりました。

これまでは設定画面で変更する必要があったので、これは大変ラクになったと言えますよね。

ただし、これがiPhone11シリーズ限定した理由が不明です。他のiPhoneにも解放してほしいですよね。

Siriのプライバシー情報のコントロール

Siriおよび音声入力の履歴を削除

これまでSiriに対しての音声入力等を削除することができます。

Siriと検索→Siriおよび音声入力の履歴→Siriおよび音声入力の履歴を削除

Siriの音声入力の解析を拒否する

Siriに対して音声入力したデータは「改善を協力する」場合は第三機関にそのデータを聴かれてしまう可能性があります。

気になる方は念のため確認してOFF設定しておきましょう。

設定→プライバシー→解析および改善→Siriおよび音声入力の改善をOFF

新しい絵文字

iOS13,2からは新しい絵文字が多数追加されました。

メッセージアプリで確認することが可能です。

Siriでメッセージの返事

AirPods(第2世代)の場合は「Hey Siri」と言わなくても受けとったメッセージを返信する事ができます。

ホームアプリでのグループ化

ホームアプリでは、複数の機能を持つアクセサリを単一のタイルとして表示するか、個々の機能ごとに複数のタイルとして表示するかを選択できるようになりました。

その他の新機能

このアップデートにはバグ修正とその他の改善も含まれています。このアップデートには以下が含まれます:

  • 他社製Appでパスワードを自動入力できない場合がある問題を修正
  • “検索”を使用するときにキーボードが表示されない場合がある問題を解決
  • スワイプしてホーム画面に移動する機能がiPhone X以降で動作しない場合がある問題に対処
  • “メッセージ”で、通知を繰り返すオプションがオンになっているときに通知が1回しか送信されない問題を修正
  • “メッセージ”に連絡先の名前ではなく電話番号が表示される場合がある問題に対処
  • “連絡先”で連絡先のリストではなく前回開いた連絡先が表示される問題を解決
  • マークアップした注釈が保存されない場合がある問題を修正
  • 保存したメモが一時的に消えてしまうことがある問題を解決
  • “設定”の“今すぐバックアップを作成”をタップした後で、iCloudバックアップが正常に完了しない場合がある問題を修正
  • AssistiveTouchを使ってAppスイッチャーを有効にするときのパフォーマンスを改善

iOS13.2のアップデートにかかる時間とダウンロードの容量

今回のアップデートは100MB以下のすごく小さいなアップデートとなっています。

所要時間は20分という声が多いです。私の場合もそのくらいの時間でした。

  • ダウンロードの容量:500〜650MB
  • アップデートにかかる時間:約25分

iOS13.2で確認されている不具合

バッテリー持ちが悪くなるかも

iOS13.2でバッテリーの持ちが悪くなったという声が多数見られます。

実際にバッテリーの比較テストをした動画を確認したところ、確かにバッテリーの駆動時間は減っているようでした。

こちらが結果になります。

iOS13.1.3 iOS13.2
iPhone SE 3時間4分 3時間3分
iPhone 6S 3時間23分 3時間24分
iPhone 7 3時間28分 3時間15分
iPhone 8 3時間20分 3時間15分
iPhone XR 6時間33分 6時間25分

iPhone6S以外の全てiPhoneでバッテリー持ちが悪くなっています。

1分〜13分と差はありますが、この数字は負荷の高いアプリを使ったものになります。通常使用においてはもっと差は大きくなるでしょう。

詳細はこちらをご覧ください。

iOS13.2でバッテリーの駆動時間が短くなる可能性がある

マルチタスクがうまく動作しない可能性

マルチタスキングがiOS 13.2から「機能していない」「使い物にならない」といった声が多く上がっているようです。

どうもアップデートしてからマルチタスキングを行うと、アプリの選択画面に移行できるもののアプリは勝手に終了されており、マルチタスキングする度にアプリを起動する事になるので実質ただのショートカットに成り果てています。

元々iOSにはマルチタスキングで保留状態のアプリを自動的に終了する機能があり、起動してから時間の経ったアプリや利用頻度の低いアプリを終了させてメモリを確保し、必要なアプリを快適に使用できるようにする目的があります。

おそらくこの機能が仕様変更かバグのせいでほぼ全ての保留アプリに適用されるようになっており、アプリを切り替えると保留状態にせずすぐに終了させ、マルチタスクではなくただのショートカット状態にしてしまっているようです。

iOS 13.2でマルチタスキングが改悪?あまりの使いにくさに不満続出

iOS13.2にした人の声

Deep Fusionを使ってカメラ撮影した方の写真です。

すごく綺麗なのですが、ON/OFF設定ができないので違いがイマイチ分からないとのことです。

やはりアプリの削除が便利になっているようですよ。

絵文字を使う方には嬉しいアップデートですね。

通信の不具合は直らず

そして通信周りでは相変わらず問題が起きているようです。

通信が切れたり、テザリングで問題があった方はあまり期待しない方が良いようですね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone11シリーズをコスパでガチ検証しました。

iPhone11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事