iOS13.2でバッテリーの駆動時間が短くなる可能性がある

更新日:

by Amamin

iOS12以降、順調にバッテリー駆動時間が伸びてきたiOSですがiOS13.2になって短くなってしまったようです。

これからiOS13.2にアップデートする方は少し注意が必要かもしれませんよ。

iOS13.2はバッテリーの駆動時間が短くなる

バッテリーの駆動時間のテストに定評のあるiAppleBytesがiOS13.2のバッテリー持ちのテストを行いました。

負荷の高いバッテリー検証用のアプリを使って、意図的にiPhoneSE、6S、7、8、XRのバッテリーを消費させていきます。

予想通り最初にiPhone SEのバッテリーが空になり、iPhone7,8が続きます。意外なことに6Sの電池持ちは良いようですね。

そして全ての端末のバッテリーが0になりました。

結果は以下の通りです。

iOS13.1.3 iOS13.2
iPhone SE 3時間4分 3時間3分
iPhone 6S 3時間23分 3時間24分
iPhone 7 3時間28分 3時間15分
iPhone 8 3時間20分 3時間15分
iPhone XR 6時間33分 6時間25分

iPhone6S以外の全てiPhoneでバッテリー持ちが悪くなっています。

1分〜13分と差はありますが、この数字は負荷の高いアプリを使ったものになります。通常使用においてはもっと差は大きくなるでしょう。

実際iOS13.2にアップデートしたユーザーからはバッテリーの減りについてのクレームが非常に多くなっています。

iOS13.2にしていない方はiOS13.2.1を待つ方が良いかもしれませんね。

※iOS13.2では新機能が追加されています。こちらの記事をご覧ください。

iOS13.2の新機能をチェック!アップデートしたら不具合が出たとの声も

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事