iPhone11(Pro)の Deep FusionがOFF設定で泣いた…ONにする方法を紹介

投稿日:

by yoshimitu

ビックリしました…。ずっと「Deep Fusionすごいなぁ〜」って思いってiPhone11でカメラをパシャパシャ撮っていました。

何百枚もです。でもDeep Fusion機能がずっとOFFだったんですよ。

デフォルト設定で使っていたハズなのに…!

Deep FusionがOFF設定になっているかチェック

設定アプリのカメラの中にある「写真のフレームの外側を含めて撮影」が”ON”になっているとDeep Fusionは使えません。

そしてこの設定って(人によっては)デフォルトでONになっているみたいですよ。

つまりONになっている人はDeep FusionがOFF設定になっていると言う訳です。

※オンになっている人とオフになっている人がいる模様

「この設定とDeep Fusionって関係あるの?」そう思いますよね。でも本当なんです。複数のソースでも同様のことが書かれています。

実際に比較してみた

そうなるとDeep FusionはON・OFFを(ある意味で)切り替えできるということになります。

と言うことで比較してみましたよ。

  • 「写真のフレームの外側を含めて撮影」がOFF設定=Deep Fuison有り
  • 「写真のフレームの外側を含めて撮影」がON設定=Deep Fusion無し

という仮説で写真撮影を行います。

コップ

設定が異なる為か、同じ場所で撮影をしても少し構図が異なる形になりました。

左:Deep Fusion有り 右:Deep Fusion無し

これだけだと違いは分かりません。

ですが拡大すると少し差がでてきます。

左:Deep Fusion有り 右:Deep Fusion無し

違いが無いように見えますが、黒枠の中に”モヤモヤ”が多いのが「Deep Fusion無し」のものです。

目の「>」になっている部分の内側は明らかに「Deep Fusion有り」の方が綺麗ですよね。

ぬいぐるみの毛並み

次はぬいぐるみで比較してみます。(こちらも構図が変わってしまいました。)

パッと見て、左の「Deep Fusion有り」の方が少し綺麗に見えますよね。

左:Deep Fusion有り 右:Deep Fusion無し

拡大するとやはり左のものの方がきめ細かくなっています。

左:Deep Fusion有り 右:Deep Fusion無し

さらに拡大してみましょう。

左:Deep Fusion有り 右:Deep Fusion無し

やっぱりDeep Fusion有りの方が毛先がちゃんと描写されていることが分かります。

まとめ

(あくまで私の場合ですが)Deep FusionがOFFになっていたのにはビックリしました。ただしこの設定がオンになっていたり、オフになっている人がいるようです。

気になる方は一度設定を確認して見ると良いかもしれませんよ。

設定アプリ→カメラ→「写真のフレームの外側を含めて撮影」がOFF

※OFFだとDeep Fusionが動作します。

Deep Fusionの詳細はコチラをご覧ください。かなり詳しくまとまっていますよ。

「Deep Fusion」とは?iPhone11シリーズで使えるカメラ機能の使い方を解説


関連記事