iPhone XS/XS Maxで写真の背景ボケ(被写界深度)を調整する方法

更新日:

by ゆう

タイトルで被写界深度なんて難しい専門言葉を使いましたが、要するに背景ボケのことです。

iPhone XS/XS Maxでは、ポートレートモードで撮影した写真の背景ボケをあとから編集できるようになりました

Appleスペシャルイベントにてデモ公開されたこの機能の使い方をご紹介します。

ボカしたり、ボカすのやめたりできる

といっても非常に簡単です。

まずはポートレートモードで撮影。背景ボケ編集ができるのは、ポートレートモードで撮影した写真のみです。

次は撮影した写真の「編集」ボタンをタップ。

すると画面下に被写界深度と書かれた「背景ボケ調整バー」が出てきました!

左にずらす(fの値を小さくする)と、ボケが強くなります。よくボケます。f1.4までありました。

右にずらす(fの値を大きくする)と、ボケが弱くなります。背景すべてにピントが合ったような状態になるということですね。値としてはf16まで。

GIFで見ると、調整によって背景ボケが変化する様子がよくわかると思います。

さすがにf1.4まで背景ボケを強くすると合成感が出てしまったり、ボケなくていいところ(被写体自体など)までボケてしまうことはありますね。

ポートレートモードは人を撮るときだけでなく、ご飯や花、カフェのコーヒー、フィギュア、ペット撮影などなど様々なシチュエーションで使えます。

撮った写真をあとから編集する人も多いと思いますが、背景ボケも編集できるとなると、なかなか便利そうですよ。写真に凝る人は、iPhoneでの撮影がちょっと楽しくなるかもしれませんね。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事