正式発表も近い!?真偽不明な次期iPhone SEに関する情報が相次ぐ

投稿日:

by ともぞう

先日、iPohne SE2(仮称)とされる動画が出てきて紹介したばかりですが、新たに3D画像や別のリーク画像などが続々と出てきています。

新たなレンダリング画像や背面プレートの写真が流出

手頃なサイズ感などもあり、いまだに根強いファンがいるだけに次期モデルとなると期待が高まるのがiPhone SE。

噂は色々でてくるものの文字情報ばかりでしたが、先日はiPhone SE2(仮称)とされる端末を撮影した動画が出回り、カミアプでもご紹介いたしました。


真偽の程は不明ですが、動画を見る限りはFace ID搭載の全面液晶に加えiPhone Xのような縦2連カメラ、端末サイズも大きくなっているように見え、これはiPhone SEじゃない…なんて声も。

そんな注目の集まる次期iPhone SEですが、動画に続いて続々とリーク情報が出てきており、今までも数々のリーク画像などを掲載しているSLASHLEAKSには、現行端末と比較したレンダリング画像が出てきているんです。

Photo by SLASHLEAKS

動画ではサイズが大きくなっていた次期モデルですが、3D画像では現行のiPhone SEとほぼ同じサイズとなっており、側面や底面部分のデザインは変わっていないことが分かります。

大きく違うのはリーク動画にもあった液晶部分で、この3Dモデルでもホームボタンは廃止されており、iPhone Xと同じようにFace ID搭載のノッチありに。

Photo by SLASHLEAKS

これは噂から起こしたモデルなのか、例えばケースメーカーなどに送られた3Dモデルなのか詳細は不明ですが、現行エントリーモデルの位置づけのiPhone SEにFace ID搭載というのは信じがたいんですよね。

間違いなく価格的にも高くなることも考えられますし、以前あの有名なアナリストも「今年のiPhone SE」はマイナーアップデートに留まると予測してますし。

まあ毎度、正式発表前は真偽不明なリーク画像が多数出てくる訳で、もう1つ新たにweiboに投稿されてたのがこちらの背面を写した画像。

Photo by weibo

写真を見る限りサイズやカメラは現行モデルと同じで、以前から噂のあった背面ガラス仕様と見られるものとなっています。

先程のアナリストの予測踏まえるとこちらのほうがより現実的で、内部のチップの刷新に加えワイヤレス充電の追加となると見た方がありえそうですよね。

そしてこれは個人的な予想ですが、先日紹介もしたiPhone SE2と言われる端末はサイズから考えても今年出ると言われる3モデルの内の1つである廉価版iPhoneの試作機なんじゃないかなと。

Photo by KGI Securities via Mac Rumors

大きめのサイズでFace ID搭載、カメラもiPhone Xに準拠なら…ほらありそうじゃないですかw

いずれにせよ最近の流れを見る限り、こうやってリークと言われる写真や動画が多く出てくるということは、少なくとも何かしらiPhone SEが関係する”何か”が出るのは間違いないでしょう。

それが今月27日に行われるスペシャルイベントになるのかは分かりませんが、火のない所に煙は立たないといいますし、期待してもよさそうです。

最近本当に事前情報通りのことが多いので、そろそろまったく情報なしでサプライズやってほしいですね。ほら、iPad miniとかmac miniとか…。

ライターのひとこと

iPhone SEはあくまで新興国向けモデルで、他に出すFace ID搭載の廉価版iPhoneで世代交代を考えている説を提唱したい

楽天モバイル無料キャンペーンが3ヶ月に

 上限に達するまえに、急げ!

参考:weibo, SLASHLEAKS

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事